決算月に賞与を。決算賞与、法人の節税。

スポンサーリンク

決算月に従業員に対して出すボーナスを「決算賞与」といいます。

通常のボーナスは、実際に支給しなければ経費で落とすことはできません。

しかし、この決算賞与については、なんと、未払いでも経費計上がOKとなります。

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

ボーナスを出す予定があるのであれば、今期の節税対策として決算賞与を活用してみましょう。

Kitte tokyo

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

メリット&デメリット

次のようなことが、決算賞与のメリット・デメリットとして考えられます。

・決算賞与のメリット

メリットとしては、

  • 節税効果
  • 従業員のモチベーションアップ

が考えられます。

「決算賞与が出たのは今季の成績がよかったから」ということが従業員に伝わっていれば、来期のモチベーションアップにつながるはずです。

・決算賞与のデメリット

1度出してしまった賞与、従業員はまた来年ももらえるものと期待するでしょう。

今季の成績がよかったことによる臨時的なボーナスというのであれば、その旨、従業員には説明しておきましょう。

決算賞与を経費で落とすための3つの条件

未払いの決算賞与を経費で落とすためには、次の3つの条件すべてをクリアしていなければなりません。

  1. 支給する額を、支給する従業員全員に通知していること
  2. その通知した金額を、通知した従業員全員に、決算後1ヶ月以内に支払っていること
  3. 支給予定の決算賞与の金額を、その事業年において経費計上していること

3は「ちゃんと経理処理するように」というお話になります。

1と2について、少し解説を加えます。

・1の解説

個々の従業員に対し、支給予定の金額を知らせる必要があります。

口頭では証拠が残らないので、メールや書面で通知しましょう。

・2の解説

例えば、3/31が決算日の場合、4/30までに実際に支給しなければなりません。

また、通知した後に辞めてしまった従業員に対しても、決算賞与を支払う必要があります。

 

【HMJのつぶやき】

昨日は、井草→鷺ノ宮。

SONYのMUC-M2BT1とSHUREのSE215 Special Editionを手に入れました。

SE215の耳栓効果とMUC-M2BT1のワイヤレスで超快適ノマドワーキングです。

【昨日の1日1新】

しつもんアイデア会議

しつもんセッション

SONYのMUC-M2BT1とShureのSE215