ライフスタイル

スポンサーリンク
中野・高円寺・阿佐ヶ谷

すべり台やツリーハウスのある夢の一軒家ホテル in 東京都中野区。『Holy House(ホーリーハウス)』

キッズ大喜び、大人も童心に帰れる夢の一軒家ホテル、Holy House(ホーリーハウス)。それは、東京都中野区白鷺というマニアックな街にあります。
ライフスタイル

贅沢を記録せよ!確実に幸せになれる方法の見つけ方

小さな幸せかもしれませんが、簡単に確実に幸せになれる方法があります。ただ、それを実行すればいいだけなのに、なんかケチってしまうんですよね。 幸せのハードルを下げてたまるか 幸せになる方法として、「幸せを感じるハードルを下げる」という...
ガジェット

子どもウケ抜群!『iBeer』で人気者になろう

古いアプリ(iPhone用)ですが、現役でまだまだ子ども達の気を引く『iBeer』のご紹介です。 『iBeer』でアイツの気を引いてみる 子どもたちの気を引くには、小ネタを仕込んでおくことがかかせません。 僕もマジックのネタを3〜...
子育て

触覚過敏や不器用な子、お着替え練習中の子に。そんなキッズにおすすめの靴下があります

触覚過敏な子や不器用な子、自分でお着替えをし始めた子の練習用として、おすすめの靴下があります。 ループ付きシームレスソックス 気になる子は気になる、服のタグとか縫い目とか。 そんなの気にするなよ!なんて思わず一蹴してしまいそうにな...
子育て

子連れで「チームラボ プラネッツ TOKYO」を楽しむための注意点

豊洲にある「チームラボ プラネッツ TOKYO」、うちの子どもたちには大不評でした。。 子連れで行く際に気をつけたい点を、なるべくネタバレしないように書きたいと思います。 (↑あわただしく退出したので、外観しか写真撮れなかった。。。...
子育て

すごいのはiPhone?それとも、子ども?すべての世代がデジタル化に対応するための一考察

iPhoneとらくらくホン、子どもがらくらくホンを使って、お年寄りがiPhoneを使うべきではないのか? 子どもにこそ、物理的なボタンが必要です。 説明書いらず iPhoneやiPadには詳細な取扱説明書がついていません。 そん...

都内ホテル、ぶらり素泊まりの旅。東京小旅行の目的は「ホテルに泊まること」

遠出ができないこの時期、家族で都内のホテル(高級ではない)に宿泊するのが楽しみになっています。 ホテルへのあこがれとともに、都内のホテルへ ホテル暮らし、ホテルに缶詰・・・ホテルへのあこがれは募るばかり。。。 緊急事態宣言が解除さ...
子育て

子どもが幽霊をみたというお話

次男が幽霊をみました。 急に思い立って小田原へ 先日、急に思い立って小田原に行ってきました。 目的は、電車好きの次男をロマンスカーに乗せてあげること。 ロマンスカーといえば、「泊りがけで箱根」のイメージがあったため、先延ばしにし...
カルチャー

次の世代に継承すべきものなんて何もない

伝統とか、あるいはなんちゃってな伝統まがいのものとか、わざわざ次世代に教えたり、引き継がせたりする必要ないよな〜と、スイカのことを思い出しながら考えていました。 次の代に伝えるべきものなんて何もない 夏だ!プールだ!スイカだ! と...
カルチャー

マスクについて思うこと。僕は社会的な意味合いにおいてもマスクを着ける

使い捨てじゃないマスク、衛生的な面で意味はあるものなのか。では、使い捨てマスクはどうなのか。そもそもマスクをすることにどれだけの意味があるのか。 そのあたりは、日々情報を更新して柔軟に対応するしかありません。 ひとつ言えることは、衛生的...
カルチャー

そもそも論とバレるバレない論

「そもそも論」と「バレるバレない論」、もし論文があるんだったら読んでみたい。 (↑押し入れの中で煎餅を食べながら遊ぶ従兄弟同士) そもそも論とは?バレるバレない論とは? そもそも論、そもそもそんな論があるのだろうか。 ググってみ...
子育て

オンラインには早すぎた。子どもに与えるネットやコンピュータの時期について

子どもにネットやコンピュータを与えるのは、早すぎてもいけないんじゃないかと。 我が子をみていて思います。 遅すぎることはない 子どもにいつコンピュータを与えるか、ネットに接続させるか。 それぞれの特性や個性をみて判断ということに...
子育て

パンデミックがもたらしたもの。学校は急速に良い方向に変わる予感

急速に(もしかしたら若干暴力的に)変わっていくけど、とても清々しく感じるのは僕だけでしょうか。 浮き彫りになった学校教育の問題点 長かった休校期間もあけ、長男の小学校も始まりました。 1週目は午前中で終了、2週目から給食も始まるよ...
ライフスタイル

消毒してから鼻をほじる

新しい生活様式が提案されましたが、いずれにせよ僕たちは変わり続けなければ生き残れないのです。 新たな習慣やマナー 口のみならず、目や鼻からもウィルスは感染することが広く知られることとなりました。 知ってたは知ってたけど、きちんと意...
スポンサーリンク