税金

スポンサーリンク
税金

今年の住民税はいくらになる?フリーランスの方は住民税の試算もしてみましょう

確定申告は所得税を計算して納付するためのものですが、その確定申告を元に計算される税金として、「住民税」というものがあります。フリーランス・個人事業主の方は、今年の住民税の試算もしてみましょう。
フリーランス・個人事業主

フリーランス、確定申告が終わったら。その他の税金についても試算をしてみよう【個人の住民税・事業税】

フリーランスの税金は所得税だけではありません。確定申告が終わったら、他の税金がいくらくらいになるのか、シミュレーションしてみましょう。
税金

絶対3/15というわけではない。確定申告する時期は自分で決められる

確定申告の期限は、3/15とは限りません。
税金

所得税って年3回も支払うの!?〜所得税の予定納税とは〜【所得税の確定申告】

確定申告で支払った税金が、15万円以上だった場合。 予定納税といって、年内に2回、税金を前払いしなくてはなりません。
税金

医療費控除のための医療費の集計方法【所得税の確定申告】

医療費控除のためだけに確定申告される方も多いことと思います。
税金

還付加算金〜税金を多く払い過ぎてたときにもらえる利息的なやつ〜【所得税の確定申告】

税金の還付を受ける、つまり税金を返してもらうとき、利息もつけて返してもらえます。その利息のことを、還付加算金といいます。
フリーランス・個人事業主

【フリーランスの確定申告】まだやってないならやった方がいい、来年に向けて3/15までにやりたいこと

フリーランス・個人事業主の確定申告で、今年の申告には関係なくても、来年の申告に向けて今できることなどをまとめてみました。
フリーランス・個人事業主

貸倒引当金で節税【フリーランスの確定申告】

貸倒引当金、「かしだおれひきあてきん」と読みます。貸倒引当金を計上することにより、お金が出ていかない経費を作ることができます。
税金

簡易課税とは?2つある消費税の計算方法

2年前の売上が1,000万円を超えていると、消費税を支払う義務が出てきます。その消費税、計算方法には2種類(「一般課税」と「簡易課税」)あって、どちらか有利な方が選択可能です。有利な方とは、つまり、納付する消費税が少なくなる方の計算方法です。
フリーランス・個人事業主

確定申告そのあとは?税金支払いスケジュール

確定申告が終わったらそれで終わりではありません。所得税を支払うというイベントが残っております。
フリーランス・個人事業主

売上が1,000万円を超えたらやること【フリーランスの確定申告】

フリーランスの確定申告、年間の売上が1,000万円を超えたらやらなければいけないことがあります。それは、消費税に関する手続きです。
フリーランス・個人事業主

経費じゃないけど、所得税の計算上は経費となるもの。所得控除のお話【フリーランス初めての確定申告】

会計ソフトでは経費として計上できなかったけど、所得税を計算するにあたっては差し引けるもの。それが所得控除。
フリーランス・個人事業主

引っ越した後の確定申告はどこの税務署にすればいいの?

確定申告書は、全国どの税務署に出してもいいというわけではありません。住所地を担当する税務署に出す必要があります。では、引っ越した場合は、どうなるのでしょうか?
フリーランス・個人事業主

【まとめ】所得税の確定申告、こんな場合はどうなるの?

所得税の確定申告、こんなときはどうなるの?どうするの?をまとめてみました。
スポンサーリンク