税金

スポンサーリンク
税金

税理士選びの注意点。税理士の僕が自分の顧問税理士を選ぶならこんな税理士

税理士との顧問契約、それはつまり、税理士との継続的な付き合い。顧問税理士をさがすときに気をつけたいことを、税理士の立場から、またサービスを受ける側の立場からも考えてみました。
税金

新型コロナウィルス関連の優遇措置があるかも?とりあえず調べてみるクセをつけよう

各方面に多大な影響を及ぼした新型コロナウィルス、まだまだ社会的・経済的な影響は続くでしょう。税金関連でも様々な特例措置があるので、「期限過ぎちゃったけど、特例とかないかな?」とか「こんなことって許されないかな?」など、疑問を常に持ち、調べてみるクセをつけておくといいと思います。
フリーランス・個人事業主

今年赤字のフリーランスは、去年の所得税が戻ってくる可能性あり

新型コロナウィルスの影響を受け、今年、赤字を見込んでいる事業者は多いはず。今年赤字のフリーランス・個人事業主で、青色申告の方であれば、去年支払った所得税が戻ってくる可能性があります。
税金

給料以外の副収入にも住民税はかかるのか?

住民税の納付書が届いたんだけど、副収入にも住民税ってかかるの?知人からそんな質問をもらったので、記事にしてみます。
フリーランス・個人事業主

フリーランス、2020年からの税金計算。所得税の控除額が変わっています

2020年の確定申告(フリーランス・個人事業主の所得税)、いくつか改正されています。青色申告特別控除と基礎控除の変更点についてみていきます。
フリーランス・個人事業主

フリーランスの税金計算。所得税の税率って何%?

所得税の税率は、所得金額によって段階的に上がっていきます。
フリーランス・個人事業主

フリーランスの消費税。去年の売上が1,000万円を超えた場合の、今年1年間の過ごし方

独立・開業まもないフリーランス・個人事業主の方が、消費税について気をつけるべきことをいくつかあげてみました。
税金

輸出の仕入など、食玩の消費税率に注意

例えば、eBay輸出で食玩を仕入れる場合、その消費税区分(10%か軽減税率8%か)に気をつける必要があります。
税金

今年の住民税はいくらになる?フリーランスの方は住民税の試算もしてみましょう

確定申告は所得税を計算して納付するためのものですが、その確定申告を元に計算される税金として、「住民税」というものがあります。フリーランス・個人事業主の方は、今年の住民税の試算もしてみましょう。
フリーランス・個人事業主

フリーランス、確定申告が終わったら。その他の税金についても試算をしてみよう【個人の住民税・事業税】

フリーランスの税金は所得税だけではありません。確定申告が終わったら、他の税金がいくらくらいになるのか、シミュレーションしてみましょう。
税金

絶対3/15というわけではない。確定申告する時期は自分で決められる

確定申告の期限は、3/15とは限りません。
税金

所得税って年3回も支払うの!?〜所得税の予定納税とは〜【所得税の確定申告】

確定申告で支払った税金が、15万円以上だった場合。 予定納税といって、年内に2回、税金を前払いしなくてはなりません。
税金

医療費控除のための医療費の集計方法【所得税の確定申告】

医療費控除のためだけに確定申告される方も多いことと思います。
税金

還付加算金〜税金を多く払い過ぎてたときにもらえる利息的なやつ〜【所得税の確定申告】

税金の還付を受ける、つまり税金を返してもらうとき、利息もつけて返してもらえます。その利息のことを、還付加算金といいます。
スポンサーリンク