節税

スポンサーリンク
税金

医療費控除のための医療費の集計方法【所得税の確定申告】

医療費控除のためだけに確定申告される方も多いことと思います。
節税

税金が安くなる所得控除。ほかに受けられるものがないか確認しよう【所得税の確定申告】

今回は、案外忘れやすい所得控除である、「寡婦、寡夫控除」、「障害者控除」、「扶養控除」の3つについてみていきます。
節税

中古車の方が節税になると聞いたのですが本当でしょうか?

法人、個人事業主問わず、新車よりも中古車の方が節税になります。
税金

簡易課税とは?2つある消費税の計算方法

2年前の売上が1,000万円を超えていると、消費税を支払う義務が出てきます。その消費税、計算方法には2種類(「一般課税」と「簡易課税」)あって、どちらか有利な方が選択可能です。有利な方とは、つまり、納付する消費税が少なくなる方の計算方法です。
節税

給与所得と雑所得がある人が、配偶者控除の範囲内でいるには?【わかりやすく解説】

妻や夫の配偶者控除の範囲内で働きたい・・・ 雑談的によく聞かれる質問なので、合計所得金額についての考え方を中心に、まとめてみたいと思います。
節税

いくらまでならOK?扶養で損しない働き方とは。2018年の配偶者控除

「扶養で損しない働き方」については、よく聞かれたりします。 子育ての合間など、週2〜3日とか1日2〜3時間みたいなペースで働いている方であれば、確かに気になるところです。
節税

12月でもまだ間に合う!フリーランスの節税はこの3つをおさえておこう

フリーランスの確定申告は、1〜12月までの売上・経費を集計して申告するものです。 なので、泣いても笑っても今月12月中が節税対策をするラストチャンスということになります。
節税

法人がクレジットカードで寄付をした場合の注意点

法人がクレジットカード決済で寄付をした場合には、気を付けるべきことがあります。 特に決算間際の寄付には注意が必要です。
税金

収入印紙代を節約しよう!印紙税の節税

収入印紙の節約、すなわち印紙税の節税について考えてみました。
節税

カラ出張はダメだけど、出張手当ならOK。出張旅費規定があれば2度おいしい

出張したことにして経費に入れてしまうカラ出張、もちろんやってはいけません。 しかし、出張手当として会社から現金の支給を受けるのはOKです。
税金

消費税を納める事業者、納めなくていい事業者

事業をおこなっているとかかってくる税金1つに「消費税」があります。 その消費税について、納めなくてもよいケースを確認していきたいと思います。
節税

償却資産税を安くするためにできる3つのこと

固定資産税の1カテゴリーである、償却資産税。 その償却資産税を安くするために比較的簡単にできることが、3つあります。
節税

ドーン!と経費をつくって節税できる「短期前払費用」の注意点【法人の節税】

例えば、来期1年分の家賃を今期中に支払い、「今期+来期」で2年分の家賃を経費で落とすことができます。 この来期1年分の家賃の前払いを、「短期前払費用」といいます。(読み方:たんきまえばらいひよう) ただし、この前払いについては注意すべき点もいくつかあります。
節税

漏れがないかチェックしよう!法人の節税対策まとめ

「法人の節税」についてのまとめページです。 「今すぐできるもの」と「多少準備を必要とするもの」に分けてピックアップしてみました。 まだ取りかかっていない節税対策はないか、チェックしてみましょう。
スポンサーリンク