フリーランス、2020年からの税金計算。所得税の控除額が変わっています

スポンサーリンク

2020年の確定申告(フリーランス・個人事業主の所得税)、いくつか改正されています。

青色申告特別控除と基礎控除の変更点についてみていきます。

Kojogaku change2020

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

青色申告特別控除が変わった

65万円だった青色申告特別控除、2020年から55万円に減りました。

ただし、ある条件を満たすと、これまで通りの65万円でいけます。

その条件とは、

  1. 電子申告(e-Tax)をしている
  2. 電子帳簿保存をしている

というもので、どちらか1つをおこなっていれば、10万円アップの65万円となります。

電子申告とは?

電子申告とは、e-Tax(イータックス)というシステムを使って、確定申告をする方法です。

国税庁のホームページ(確定申告書等作成コーナー)からも電子申告することができます。

(ちなみに、税務署のパソコンからの申告では、65万円控除を受けることはできないそうです)

電子帳簿保存とは?

電子帳簿保存とは、帳簿をデータで保存する制度のことをいいます。

帳簿は紙で保存することが原則なのですが、税務署に申請書を提出することで、データ保存が認められます。

なので、この「電子帳簿保存」の条件を満たすには、申請書(国税関係帳簿の電磁的記録による保存等の承認申請書)の提出が必要となります。

(国税庁ウェブサイト:[手続名]国税関係帳簿の電磁的記録等による保存等の承認申請

申請書の提出期限は、2020年9月30日(来年以降は「帳簿のデータ保存を始める3ヶ月前まで」)となります。

10万円の青色申告特別控除額については、これまでの要件と変わりません。

 

基礎控除が変わった

これまで一律38万円だった基礎控除の金額が、2020円から48万円に増えました。

ただし、48万円は最大の金額で、所得によって段階的に少なくなってきます。

スポンサーリンク


合計所得金額
控除額
2,400万円以下
48万円
〜2,450万円以下
32万円
〜2,500万円以下
16万円
2,500万円超
0円

まあ、所得2,400万円以下ですので、僕を含めこのブログを読んでるほとんどの方の基礎控除額は48万円ではないでしょうか。(え、違う?)

 

まとめると・・・「電子申告をしよう!」

e-Taxで電子申告して、マックスの113万円(65万円+48万円=113万円)の控除を受けましょう。

 

【おまけ】ちなみに給与所得控除も変わった

給与所得控除額は一律10万円引き下げられました。

また、上限額も引き下げられたため、年収が850万円を超えるサラリーマンについては増税となります。

 


 

【編集後記 〜税理士・前川秀和のつぶやき〜 】

昨日は新規のお客様とお打ち合わせ。リアルでお会いしました。

帰宅後シャワーを浴び、車で子どもたちを歯医者さんへ。泣き叫ぶ次男。

 

【1日1新】

タワーマンション

 

【長男と次男 〜9歳(3ヶ月)児と3歳(4ヶ月)児のマイブームなど〜 】

次男、歯医者さんを耐えたご褒美にフォーゼドライバーをご所望。メルカリで買いました。