所得税って年3回も支払うの!?〜所得税の予定納税とは〜【所得税の確定申告】

確定申告で支払った税金が、15万円以上だった場合。

予定納税といって、年内に2回、税金を前払いしなくてはなりません。

Planned tax payment

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

予定納税とは?

予定納税(よていのうぜい)とは、所得税の前払いのことです。

前年分の確定申告で実際に支払った所得税の金額が、15万円以上だった場合、予定納税の対象となります。

15万円以上かどうかを判定する「実際に支払った所得税の金額」とは、源泉所得税を控除したあとの金額です。

(ちなみに、その金額を「予定納税基準額」といいます)

支払った所得税が15万円以上でも、臨時的な収入のせいで所得税が高くなったような場合には、予定納税が適用されないケースもあります。

いつ、いくら支払うのか?

7月と11月に、去年の所得税(難しくいうと「予定納税基準額」)の3分の1ずつを支払います。

例えば、去年の所得税が15万円だとすると、

  • 7月に・・・5万円
  • 11月に・・・5万円

を支払うというわけです。

予定納税の支払い方法

予定納税の支払い方法としては、大きくわけて、次の3つの方法があります。

  1. 現金払い
  2. 振替納税
  3. e-Tax

現金払い

税務署から届いた納付書で支払います。

金融機関または税務署で支払うことが可能です。

振替納税

振替納税を利用しているのであれば、登録の預金口座から自動的に引き落とされます。

スポンサーリンク

【フリーランスの確定申告】まだやってないならやった方がいい、来年に向けて3/15までにやりたいこと
【フリーランスの確定申告】まだやってないならやった方がいい、来年に向けて3/15までにやりたいこと
フリーランス・個人事業主の確定申告で、今年の申告には関係なくても、来年の申告に向けて今できることなどをまとめてみました。 …

e-Tax

e-Tax(電子申告)を利用しているのであれば、

  • ペイジー
  • ダイレクト納付

という方法で支払うことができます。

ダイレクト納付は、引き落とし日を選択して支払う方法なので、振替納税を利用中であれば不要でしょう。

ペイジーは、インターネットバンキングで税金を支払う方法です。

予定納税で支払った所得税は返してもらえることがある

予定納税で支払った所得税は、確定申告で返してもらえることがあります。

予定納税は、単なる税金の前払いなので、実際に計算した1年分の所得税が、予定納税2回分の合計額より小さいときは、その差額が還付されます。

  • 予定納税が、5万円 × 2回 = 10万円
  • 実際に計算した1年分の所得税が、3万円

この場合でしたら、

  • 10万円−3万円=7万円

が還付されるというわけです。

還付加算金〜税金を多く払い過ぎてたときにもらえる利息的なやつ〜【所得税の確定申告】
還付加算金〜税金を多く払い過ぎてたときにもらえる利息的なやつ〜【所得税の確定申告】
税金の還付を受ける、つまり税金を返してもらうとき、利息もつけて返してもらえます。 その利息のことを、還付加算金といいます。 …

予定納税の金額自体を減らしてもらえることも

また、特別な事情がある場合は、予定納税自体の金額を減らしてもらうこともできます。

例えば、

  • 災害を受けた
  • 経営不振
  • 廃業、休業

などのため、去年よりも所得税が少なくなりそうなときなどです。


【さんプラーザ前川くんのつぶやき】

昨日は夕方に打ち合わせ1件。あとは事務所で確定申告業務でした。

【1日1新】

とあるご依頼

【長男(7歳)のマイブーム】

友達とゲームの話をすること

【次男(2歳)のマイブーム】

上半身裸

スポンサーリンク

スポンサーリンク