節税、その前に。節税するために必要な前提条件とは

スポンサーリンク

税金憎し・・・でも、その前に。

Yoshida Shrine

(↑家内安全、商売繁盛・・・)

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

節税とは?

節税(せつぜい)とは、合法的に支払う税金の額を少なくすることをいいます。

今回は、法人税や所得税などの利益に課される税金を前提に話を続けます。

 

節税の方法としては、大きく分けて2つ。

  1. 経費を増やす
  2. 税額控除などの法律上の優遇措置を利用する

この2つの方法しかありません。

2については、目一杯利用するのは当然として、1については無駄遣いにもつながりかねないので注意が必要です。

 

節税するのに必要な前提条件

経費と節税の関係について考えてみます。

経費が増えれば税金が減る

  • 売上 − 経費 = 利益

よって、経費が増えれば、利益は減ります。

そして、

  • 利益 × 税率 = 税金

となるため、利益が減れば、税金も減るというわけです。

→結論:経費が増えれば、税金も減る。

 

売上ないところに節税なし

最初の出発点は、売上。

もし、売上が経費よりも少なければ、利益はマイナスです。そうなると、もちろん税金もかかってきません。

売上が0であれば、節税も何もありません。

スポンサーリンク


節税を考える前に、まずやることは、売上をあげること。稼いでいるからこその節税です。売上がない=利益がない=税金0なのに、どうやって節税しろと言うのか。。。

当たり前のことを偉そうに書きますが、売上をあげることが、事業を続けていく上での最優先事項です。

 

利益とは関係なく課税されるような税金もあります。
例えば、印紙税とか固定資産税とか。
これらについては、売上があろうがなかろうが支払う必要があります。

節税を考えず、その逆を考える

世の節税といわれるもののほとんどは、お金を支払い経費を増やすことです。

まずは売上ですが、次に考えるのは、節税(=お金を使う)ではなく、

  • お金を払わない・お金を使わない

ことを考えましょう。

無駄なものは買わずに税金を支払ったほうが、キャッシュは残るし、信用も増します。

あ、でも必要なものは躊躇せず買いましょう。チャオ!

 


 

【編集後記 〜税理士・前川秀和のつぶやき〜 】

昨日は引き続き夏休み。午前中少し仕事をしましたが、午後から外出。都内のホテルに宿泊。

 

【1日1新】

Apple Magic Keyboard

Apple Magic Trackpad2

ナイトプール

プールの飛び板

 

【長男と次男 〜9歳児と3歳児のマイブームなど〜 】

ホテルのナイトプールに行ってきました。長男、大はしゃぎ。次男、最初は恐る恐るでしたが、楽しんでいました。