絶対3/15というわけではない。確定申告する時期は自分で決められる

確定申告の期限は、3/15とは限りません。

知ってる人には当たり前のことですが、ある人に新鮮に驚かれたので書いてみます。

2019 3 5

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

個人は絶対3/15

個人の確定申告は、「1/1〜12/31」をひとつの期間として計算します。

そして、その期限は、年が明けてその翌年、3/15です。

これは、絶対。変更不可。

普通の会社員でも、フリーランス・個人事業主でも、みんな同じです。

ちなみに、個人でいうところの確定申告とは、所得税という税金の申告のことを指します。

去年1年間の所得税を計算して、その税金を支払う、この2つを3/15までにやらなければならないわけです。

ちなみに、フリーランス・個人事業主の方などは、消費税の確定申告もある場合があります。

こちらの期限は、3/15ではなく、3/31になります。

スポンサーリンク

法人ならいつでも確定申告できます

個人はみんな同じでしたが、法人なら確定申告する時期をいつでも自由に決められます。

いつからいつまでを計算期間として選んでも、法人なら自由。

なんなら途中で変更することだって可能。

ちなみに、確定申告書を提出する期限は、最後の日から2ヶ月後です。

例えば、4/1〜3/31を計算期間として選んだならば、期限は5/31になります。

いつ法人化すべきか?

フリーランス・個人事業主がいつ法人化すべきか問題、というものがあります。

節税面や信用面など、複数の面から検討すべきですが、「したいときがすべきとき」なのでしょう。

【参考記事】

フリーランスが法人化するメリットとそのタイミング
フリーランスが法人化するメリットとそのタイミング
法人化、またの名を法人成り(ほうじんなり)。 フリーランス(個人事業主)が法人を設立することをいいます。 法人化すると、これまで…
なぜ法人化すると節税になるのか
なぜ法人化すると節税になるのか
個人事業を法人化すると得られるメリットの1つに、「節税」があります。 会社と社長は別人格 会社と社長は別の人格として考えます。 …


【さんプラーザ前川くんのつぶやき】

昨日は打ち合わせ1件。あとは確定申告業務をひたすら。

【1日1新】

あるソフトのある機能

【長男(8歳)のマイブーム】

早起きしてスマイルゼミやってからのゲーム

【次男(2歳)のマイブーム】

歯ブラシに歯磨き粉をつけたがる

スポンサーリンク

スポンサーリンク