税金

スポンサーリンク
税金

簡易課税とは?2つある消費税の計算方法

2年前の売上が1,000万円を超えていると、消費税を支払う義務が出てきます。その消費税、計算方法には2種類(「一般課税」と「簡易課税」)あって、どちらか有利な方が選択可能です。有利な方とは、つまり、納付する消費税が少なくなる方の計算方法です。
フリーランス・個人事業主

確定申告そのあとは?税金支払いスケジュール

確定申告が終わったらそれで終わりではありません。所得税を支払うというイベントが残っております。
フリーランス・個人事業主

売上が1,000万円を超えたらやること【フリーランスの確定申告】

フリーランスの確定申告、年間の売上が1,000万円を超えたらやらなければいけないことがあります。それは、消費税に関する手続きです。
フリーランス・個人事業主

経費じゃないけど、所得税の計算上は経費となるもの。所得控除のお話【フリーランス初めての確定申告】

会計ソフトでは経費として計上できなかったけど、所得税を計算するにあたっては差し引けるもの。それが所得控除。
フリーランス・個人事業主

引っ越した後の確定申告はどこの税務署にすればいいの?

確定申告書は、全国どの税務署に出してもいいというわけではありません。住所地を担当する税務署に出す必要があります。では、引っ越した場合は、どうなるのでしょうか?
フリーランス・個人事業主

【まとめ】所得税の確定申告、こんな場合はどうなるの?

所得税の確定申告、こんなときはどうなるの?どうするの?をまとめてみました。
税金

平成31年度税制改正大綱をわかりやすく簡単に解説

2018年12月14日、平成31年度税制改正大綱が発表されました。平成31年度以降の税金はどうなっていくのか?「平成31年度税制改正大綱」をさらっと簡単にまとめてみました。
フリーランス・個人事業主

5年間っていつからいつまで?3/15過ぎてからの医療費控除や住宅借入金等特別控除の申請

「医療費控除は5年間さかのぼって申告ができる」 このことは結構知られてきているようです。 では、いつまでのものをいつまでに申告すればいいのでしょうか?
フリーランス・個人事業主

提出した確定申告書が間違っていた場合の対処法(提出期限内の場合)

提出した確定申告書が間違っていた場合は、もちろん申告し直さなければなりません。 提出期限(所得税の場合は3/15)内に、その計算し直した確定申告書を提出し直す場合についてみていきたいと思います。 この提出期限内の再申告については、「訂正申告」と呼ぼれたりもします。
税金

確定申告、医療費控除が分かりにくい・・・

制度的に不具合があるのでは?と思ってしまうほど次から次へと疑問点がわいてくる医療費控除。 よくいただく質問やちょっとマニアックな質問などから、気になったものについてまとめてみました。
税金

平成30年度税制改正大綱をわかりやすく簡単に解説

平成30年度以降の税金はどうなっていくのか? 「平成30年度税制改正大綱」をわかりやすく簡単にまとめてみました。
税金

フリーランスの税金、所得税・住民税以外にも・・・その名も個人事業税

フリーランス(個人事業主)に関係してくる税金の1つに、「事業税」というものあります。 法人にかかってくる事業税と区別して、「個人事業税」と呼んだりもします。
ベッドルーム起業

副業の確定申告をしよう

サラリーマンの副業、その確定申告はどのようにすればいいのでしょうか?
税金

高い住民税。その仕組みと計算方法

個人にかかる税金のひとつに住民税があります。 地域での私達の生活を直接支える大事な税金ではありますが、かなり負担感があるのも事実です。
スポンサーリンク