固定資産を売って節税、すてても節税【法人の節税】

スポンサーリンク


固定資産を売ったり、すてたりすることが、節税になります。

Waste and broom

固定資産とは?

固定資産とは、土地、建物、車、各種備品、ソフトウェアなどのことをいいます。

それぞれ貸借対照表(B/S)に載っています。

どんな固定資産を「売ったり」「すてたり」すれば節税になるのか?

・すてて節税

まずは固定資産台帳を確認してみましょう。

既にすてたはずの固定資産が載っていませんか?

そのような資産については、その固定資産台帳に載っている金額の全額(「帳簿価額(ちょうぼかがく)」といいます)を経費にすることができます。

固定資産除却損(こていしさんじょきゃくそん)」という科目を使用して費用計上することになります。

・売って節税

売って節税になる固定資産には条件があります。

何でもかんでも売れば節税になるというわけではありません。

どのような固定資産なら「売って節税」になるのか?

それは、「含み損のある固定資産」です。

「含み損のある固定資産」とは、売ったときの価格が帳簿価額よりも低いものをいいます。

「売却価格」−「帳簿価額」=「売却損」、となるため、「損=費用」が作れるというわけです。

固定資産台帳にもう使っていない資産がないか、確認してみましょう。

・税務調査対策として証拠書類を残しましょう

特にすてた(廃棄した)場合は、税務調査の際、

  •  本当は売ったのではないか?
  • 現金で売って、その売上を計上してないのではないか?

と疑われることがあります。

廃棄・売却した事実が分かるような証拠書類は残しておきましょう。

その書類により、廃棄・売却した事実日付、売却した場合は金額を確認できればOKです。

  • 廃棄した場合は、産業廃棄物処理業者から廃棄証明書を発行してもらう
  • 売却した場合は、一連の取引の記録を残し、代金は銀行振込等でもらう

ようにすれば、完璧でしょう。

 

【HMJのつぶやき】

昨日もおとといに続き1日セミナー。

今年は高円寺の阿波踊りを観に行けませんでした。

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

スポンサーリンク