紙の書類とサヨナラ!iPhoneでスキャンし、Evernoteに保存

スポンサーリンク

今やiPhoneだけで、充分なクオリティのスキャニングができます。

ペーパレス化への第一歩を踏み出しましょう。

スキャナーいらずで、お手軽です。

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

iPhoneアプリ『Scannable』でスキャン

Evernote社から出ているiPhoneアプリ『Scannable』。

iPhone搭載のカメラで、お手軽にスキャンできます。

取っておく必要のない書類なら、その場で撮って、その場でポイッ!できます。

 

『Scannable』の使い方

『Scannable』を起ち上げたら、テーブル等に置いた書類が画面におさまるように調整します。

IMG 2587

『Scannable』が書類をとらえると、自動的にシャッターが切られ、スキャン終了です。

書類が複数あるときは、そのまま続けてスキャンしてください。

白いテーブルの上だと、うまく読み取れない可能性が高いです。ご注意ください。

↓スキャンが終了したら、赤い矢印の先にある「チェックボタン」を押します。

IMG 2593

↓画面が変わったら、「保存」ボタンを押します。

IMG 2597

ちなみに、「送信」ボタンを押すと、スキャンしたデータをメールで送信できたり、共有できたりします。

 

スキャンしたデータをEvernoteに保存

↓「保存」ボタンを押すと、このような画面になります。

IMG 2598

↑赤い矢印の先にある「Evernote」ボタンを押します。

すると、どのノートブックに保存するかを選択できる画面になります。

保存するノートブックを選択し、画面右上にある「保存」ボタンを押せば、Evernoteへの保存が完了です。

 

最後に

私の場合、「原則、書類は確認したら即全部捨てる」を心がけています。

そうでもしないと、いつの間にか机の上は書類だらけに・・・

とはいっても、見返す可能性は少ないけど、保管しておきたい書類なんかもでてきます。

そんなときに気軽にスキャンできるようになったので、非常に便利です。

iPhoneとこれらのアプリのおかげで、こまめにスキャンできるようになりました。

 

【HMJのつぶやき】

東京都中野区、寒くなってきました。

今朝、自転車で子供を幼稚園まで送っていったのですが、冷たい風のせいで、左目から涙が溢れ出てきました。

視界不良になったので、自転車を停め、手袋で涙を拭いました。

肌がむき出しになる顔が寒いです。