所得税

スポンサーリンク
フリーランス・個人事業主

確定申告そのあとは?税金支払いスケジュール

確定申告が終わったらそれで終わりではありません。 所得税を支払うというイベントが残っております。 確定申告で税金が発生した場合 通常の納付期限 確定申告書で所得税を計算し、申告書を税務署に提出したら、自分...
フリーランス・個人事業主

経費じゃないけど、所得税の計算上は経費となるもの。所得控除のお話【フリーランス初めての確定申告】

売上から経費を差し引いた差額である「所得」に所得税はかかってきます。 ですが、この「所得」にそのまま税率を掛けるわけではありません。 さらに引ける経費的なものがあります。 それが、「所得控除(しょとくこうじょ)」と呼ばれる...
フリーランス・個人事業主

引っ越した後の確定申告はどこの税務署にすればいいの?

確定申告書は、全国どの税務署に出してもいいというわけではありません。 住所地を担当する税務署に出す必要があります。 では、引っ越した場合は、どうなるのでしょうか? 引っ越し前の住所?引っ越した後の住所?答えは・・・...
フリーランス・個人事業主

【まとめ】所得税の確定申告、こんな場合はどうなるの?

所得税の確定申告、こんなときはどうなるの?どうするの? をまとめてみました。 間違った内容で確定申告を出してしまった! 間違えてしまっても大丈夫! 確定申告の期限である3/15までなら、何度でも出し直...
フリーランス・個人事業主

所得税と住民税。確定申告で計算される税金【フリーランス初めての確定申告】

確定申告書は所得税を計算する書類です。 しかし、それだけではありません。確定申告書を提出してしばらくすると、住民税の支払いもやってきます。 所得税 確定申告で計算する税金は、この所得税と呼ばれる税金です。 ...
フリーランス・個人事業主

売上と経費〜売上になってしまうものと絶対経費にならないもの〜【フリーランス初めての確定申告】

所得税は、所得に対して課される税金です。 この「所得」とは、利益のこと。利益は売上から経費を差し引いた差額です。 実際に支払う所得税は、この所得に税率(5%〜45%)を乗じて計算した金額となります。 (実際はもうちょっとだ...
フリーランス・個人事業主

フリーランスにおすすめの会計ソフトは?【フリーランス初めての確定申告】

フリーランスには、会計ソフトの導入がかかせません。 なぜかというと、会計ソフトを使って経理をしていないと、65万円の控除を受けることができないからです。 【参考記事】 大前提として、...
フリーランス・個人事業主

青色、国保、国民年金。独立して最初にやるべき手続きは?【フリーランス初めての確定申告】

フリーランスになって、まず最初にやるべき手続き関係は、 税務署への届出 市区所町村への届出 の大きくわけて2つがあります。 税務署への届出 税務署への届出で、独立・開業時、絶対に忘れてはいけないのは...
節税

給与所得と雑所得がある人が、配偶者控除の範囲内でいるには?【わかりやすく解説】

妻や夫の配偶者控除の範囲内で働きたい・・・ 雑談的によく聞かれる質問なので、合計所得金額についての考え方を中心に、まとめてみたいと思います。 配偶者控除を受けるための条件 配偶者控除。読み方は「はいぐうしゃこうじょ」です。...
節税

いくらまでならOK?扶養で損しない働き方とは。2018年の配偶者控除

「扶養で損しない働き方」については、よく聞かれたりします。 子育ての合間など、週2〜3日とか1日2〜3時間みたいなペースで働いている方であれば、確かに気になところです。 2018年の配偶者控除(150万円の壁) 配偶者の所...
税金

確定申告、医療費控除が分かりにくい・・・

制度的に不具合があるのでは?と思ってしまうほど次から次へと疑問点がわいてくる医療費控除。 よくいただく質問やちょっとマニアックな質問などから、気になったものについてまとめてみました。 病院に通うための交通費について 公共の...
ベッドルーム起業

副業の確定申告をしよう

サラリーマンの副業、その確定申告はどのようにすればいいのでしょうか? キーワードは「事業所得」と「雑所得」です。 ↑副業(趣味?)を邪魔される 事業所得と雑所得の違い 所得税の確定申告においては、「所得」の種類により...
節税

カラ出張はダメだけど、出張手当ならOK。出張旅費規定があれば2度おいしい

出張したことにして経費に入れてしまうカラ出張、もちろんやってはいけません。 しかし、出張手当として会社から現金の支給を受けるのはOKです。 出張手当のメリット 出張手当とは、1回の出張につき支払われる手当のことをいいます。...
税金

源泉徴収と源泉所得税。外部に仕事を委託するときには注意が必要

外注先がフリーのデザイナーや翻訳家などであった場合、源泉所得税を引いて料金を支払う必要があります。 源泉徴収とは?源泉所得税とは? まずは、源泉徴収について。 源泉徴収とは、給料などを支払う事業者が、その支払う金額からあら...
スポンサーリンク