気分転換に打ち合わせにコワーキングスペースを利用しよう

スポンサーリンク

コワーキングスペース。

レンタルオフィスとは違いゲストとして時間単位・1日単位での利用が可能です。

 

Morinaga village

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

 

スポンサーリンク

『コワーキングスペース森永ヴィレッジ』にドロップイン!

コワーキングスペースを、月契約ではなく、時間単位・1日単位で利用することを、「ドロップイン」と呼ぶようです。

そんなわけで今回、打ち合わせのため、田町にある『コワーキングスペース森永ヴィレッジ』にドロップインしてきました。

 

 

平日割引で、1日ドロップイン(21時まで)が1,500円でした。

さすが森永が運営しているだけあって、ドリンクばかりでなく、お菓子もフリー。

フリードリンク、フリーお菓子。

 

不動産の活用法として定着したのでしょうか、東京では最近、いろんな会社や団体がコワーキングスペースを運営していて、フリーランスにはありがたいです。

 

ファミレスのボックスシートみたいなやつがいい!

(僕にとっての)いいコワーキングスペースの条件、それは、ファミレスのボックスシートみたいな席があること。

コワーキングスペース森永ヴィレッジには、それがありました。

いつかあのシートを自分のオフィスにも・・・・

 

友達が経営する会社にお邪魔したとき、ファミレスシートがあるのをみたときは、心底羨ましかったです。

 

コワーキングスペースとバーチャルオフィスと税理士事務所

話は変わりますが、コワーキングスペースを税理士が事務所として登録することはできません。

独立した部屋が個別に割り当てられるレンタルオフィスなら、OKです。

そして、その登録した事務所内でなければ、税理士業務はできないこととなっています。

今どきどこで仕事したっていいじゃん!とは思うのですが、悪法も法なりでしょうか。

 

ところが、最近、士業事務所として登録できるバーチャルオフィスがあるのを、知人に教えてもらいました。

そこは実際に会議室としても使える部屋があるため、バーチャルではなく、リアルなオフィスではあります。

リアルなオフィス(会議室)が登録住所となるので、確かにバーチャルオフィスじゃないし、コワーキングスペースのようなオープンな空間ではなく、独立した部屋です。

ただ、その会議室は様々な事業者とシェアしているので、そこで頻繁に税理士業務をこなすことは不可能でしょう。

ちゃんと法的にクリアできているのか、ちょっと心配になってしまいましたが、余計なお世話というものでしょう。

 

バーチャルオフィスでの法人登記は銀行口座を開けない可能性大

法人を登記する際、本店所在地をバーチャルオフィスにする場合には注意が必要です。

そのバーチャルオフィスがブラックリストに載ってる場合は、銀行口座を開くことができないことがあります。

 


 

【さんプラーザ前川くんのつぶやき】

昨日は、体調がよくなく(風邪)、予定をキャンセルして家にいました。

 

【1日1新】

寝ていた次男とお留守番(その後起きて大泣き)

 

【長男(8歳)のマイブーム】

パソコンを欲しがっているので、Chromebookでも与えるかどうか思案中

 

【次男(2歳)のマイブーム】

保育園ではトマトを食べる(家では絶対食べない)