スマホで特急ひたちに乗ってみた。JR東日本の『えきねっとチケットレスサービス』

スポンサーリンク


東京⇔水戸の移動で、JR東日本の『えきねっとチケットレスサービス』を利用してみました。

ちなみに、行きは「ときわ」、帰りは「ひたち」に乗りました。

 

Kairakuen st

(この時期は、特急が水戸駅の直前にある「偕楽園駅」に停車します)

 

紙のきっぷの発行は不要『えきねっとチケットレスサービス』

JR東日本の『えきねっとチケットレスサービス』

スマートフォンから特急券を予約できて、紙のチケットの発行は不要。

 

ただし、『えきねっとチケットレスサービス』は、特急券のみの販売で、乗車券についてはSuicaなどを利用することになります。

 

「え!?乗車券ついてないの?一緒に売っていよ!」

なんて、最初は思っていましたが、これはむしろこのほうがいいことにあとで気づきました。

 

パソコンからの申込みはできません。

スマートフォンか携帯電話からのみ、申込み可能。

 

成田エクスプレスなど、いろんな特急で利用できますが、僕が昨日利用した常磐線特急の「ひたち」と「ときわ」を例にレポートしていきます。

 

チケット購入から実際に乗車するまで

Eki net 1

まずは、「えきねっと」にアクセス。

「チケットレス申込」を押します。

 


Eki net 2

えきねっとユーザーID」、または、「My JR-EAST ID」でログインします。

(サービスの利用には、会員登録が必要となります)

 


その後、申し込みの手続きになります。

窓際がいいとか、何ならあいてる席をシートマップ(座席表)から直接指定することもできます。

 

最後にカード決済をして終わり。

申込み後の変更も可能です。

 


Eki net 3

こちらの画面をスクリーンショットで保存しておきましょう。

あるいは、スマートフォンでメール確認ができるようであれば、そのメールでも大丈夫です。

 

でも、ちゃんと予約した席に座っているのであれば、車掌さんから声をかけられるようなことはないと思います。

 

要するに、スマホで指定席を予約すれば、あとは普通にSuicaで駅に入って、普通にSuicaで駅から出るだけ。

新宿から渋谷に行くような感覚で、東京から水戸に行けます。(ホントか!?)

 

特急に乗り込んだら、予約した席の上のランプが緑になっているので、そこに座ります。

ちなみに、赤いランプは空席を意味します。

 

もっと安く買いたいなら、もっと前もって『えきねっとトクだ値』

『えきねっとチケットレスサービス』で購入した際の割引は「100円」。

早めのチケット予約が可能であれば、もっと高い割引率の『えきねっとトクだ値』がオススメです。

(乗車当日の販売はないようです)

 

ただし、この『えきねっとトクだ値』は、券売機や窓口でのチケットの受け取りが必要となります。

 

水戸⇔東京、特急列車に乗るならチケットレスより『トクだ値』が安い!
JR常磐線、特急電車の「ひたち」と「ときわ」。 JR東日本のネット予約サービスを利用すると、割引料金で切符が買えます。

 


 

【さんプラーザ前川くんのつぶやき】

昨日はオフ。

水戸で同窓会があったため、そのためだけに帰省。文字通り、とんぼ返りでした。

 

【1日1新】

えきねっとチケットレスサービス

ときわ

 

【長男(8歳)のマイブーム】

amiibo

 

【次男(2歳)のマイブーム】

いえ イェイ!!

 

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

スポンサーリンク