フルマラソンデビュー戦にして引退レースか?!古河はなももマラソンを走ってきました

スポンサーリンク

先日、税理士仲間総勢5名で古河はなももマラソン(茨城県古河市)に出場してきました。

これまでフルマラソンにエントリーするも直前逃亡すること2回。

最初で最後かも知れないフルマラソン、仲間たちのおかげで逃げることなく出場することができ、そしてなんとか完走できました。

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

Hanamomo marathon 1

(↑ヤンキース松井氏の姿も)

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

初めてのK.O.G.A.

茨城県出身ではありますが、古河市は初めて上陸です。

(「ふるかわ」ではなく、「こが」と読みます)

宇都宮線沿線の街、埼玉県や栃木県とのつながりが深いのでしょう、常磐線沿線の街・水戸で育った私にはこれまで縁がありませんでした。

中野の自宅からは2時間近くかかりましたが、案外近いと感じました。

古河から東京まで通勤されている方も結構いるのかな?

当日は6:30に家を出る

朝起きて、朝食にパック餅を4個食べ、さらに7個を焼いてIKEAのジッパー付きのプラスチック袋に入れ、チマチマ食べながら会場に向かいました。

やれるドーピングはすべてやってやろうという覚悟です。

餅、アミノ酸アプリ、ジェル、経口補水パウダーを混ぜたミネラルウォーター、胃薬、テーピング、前日に完全休養をとる等。

家を出たとき、ふと懐かしい感覚におそわれました。

それは、中学生のときの、卓球の試合に出かける朝と同じ感覚でした。

緊張とワクワクとみたいな。

今回エントリーして良かったなあ、と思った瞬間でした。

不安だったのは、2月にあまり走れなかったこと。

1月に30kmのレースを完走できたという満足感と、2月に降った大雪でペースが崩れてしまった、というのがそのあまり走れなかった言い訳になります。

 

当日誤算だったのは、宇都宮線が座れなかったということ。

大変失礼ながらガラガラのローカル線をイメージしていたもので(すみませんでした!)、赤羽駅のホームに人がたくさんいたのには驚きました。

マラソン参加者以外の方の利用も思いのほか多く、早い時間にもかかわらずまあまあの混雑でした。

案外走れる!と思ってたら・・・

ナイスラン!

そんな応援の掛け声があることも今回初めて知りました。

練習不足でとても不安でしたが、予想以上に走れました!

沿道で応援してくれている子供たちにタッチなんかして、気分も上がる上がる。

「もしかして才能ある?」なんてうぬぼれたのを大反省したのは、30km地点だったでしょうか。

20km超えるあたりから「?」となってはいたのですが、30kmからはまさかの(当然の?)大失速。

膝の裏あたりの筋肉痛がひどく、ラスト10kmは歩いてはちょっと走りの繰り返し。

1kmが長いこと長いこと・・・

結果は、5時間41分でなんとか完走できました。

Hanamomo marathon 2

引退宣言撤回します

妻が意外にも感動してくれてたり、一緒に走った仲間のガッツに感動したり、出かけるときのワクワク感だったり・・・・

ラスト10kmの苦しさや事後の筋肉痛よりも、それらを得られたことは大きかったです。

井ノ上さん、モロトメさん、林さん、谷口さん、ありがとうございました!

次は、直前逃亡したこれまた地元茨城の2つのレース、「水戸黄門漫遊マラソン」と「勝田マラソン」に参戦します。

いや、まあ、少なくともどちらかにはエントリーします!

本番よりちょっとだけボリューム少なめの予行演習が効く!フルマラソン準備のため30km走ってみてわかったこと
先日、3月に控えているフルマラソンに向けての準備の一環として、30kmのレースに参加しました。 これまで10kmが最高距離でしたので、無謀な挑戦ではありました。

【HMJのつぶやき】

午前中に足の筋肉痛を癒そうと、荻窪のなごみの湯へ。

青信号も途中からでは渡り切る自信がないため、一度見送って青になった直後から渡ったり・・・

バスで荻窪まで向かったのですが、その乗り降りがつらく、手すりさまさまでした。

夕方はお客様の事務所で打ち合わせ。

 

【1日1新】

荻窪 なごみの湯