Macを安く買いたいなら、整備済製品をねらおう

購入から2年のMacBook Air(11インチ)、Wi-Fiが繋がりにくい場面が何度もあり、SMCリセットやPRAMクリアを含めいろいろ試すも安定せず。

こうなるとやはり早めに買い替えたほうが得策でしょう。

Macbook specialdeals

(↑整備済製品の箱。新品のMacBookの箱より地味?)

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

Macを安く買う

MacBook Airが不調というもっともな理由と、MacBookが欲しくなちゃったという衝動が重なり合い、今回軽やかにポチることができました。

最新のMacBookが整備済製品として出ていたことが、より一層ポチる指を軽やかにしてくれたことは言うまでもありません。

整備済製品とは?

整備済製品とは、初期不良の製品を再整備したApple認定の製品です。

もちろん新品同様。

AppleStoreで購入できます。

1年間の保証も付いています。

↓Apple公式サイトの下の方、「整備済製品&旧モデル新品」からストアに入れます。

Macbook specialdeals 2 1

ちなみに今回購入したMacBook、通常の新品よりも23,760円(税別、15%オフ)ほど安かったです。

常に在庫があるわけではないので、ちょいちょいチェックする必要があります。

スポンサーリンク

分割払いでも手数料無料というキャンペーンをよくやっている

整備済製品に限らず、AppleStoreでは分割払い手数料無料キャンペーンをよくやっています。

今の時期ですと、12回払いまでは分割払い手数料が無料のようです。

クレジットカードのポイントと悩むところではあります。

本当なら新製品発売のタイミングにあわせたい

Apple信者としては新発売のMacを買いたい。本当は。

なので、買い替えのタイミングも新製品発売のタイミングに合わせるのが理想です。

整備済製品は初期不良を再整備したMacですので、当然出回るのは発売から半年以上たってからとなります。

現行Macの整備済製品をねらうとなると、発売から半年以上待たなければなりません。

(ちなみに旧モデルの整備済製品もあります)

MacもiPhoneも1年ごとに買い替えを

独立してから「パソコンが壊れる」ことをこれまで以上におそれるようになりました。

ならば、「2年ごと」ではなく「1年ごと」にMacを買い替えたほうが、仕事のパフォーマンス的にも精神衛生上もいいはずです。

ただ新しいものが欲しいだけという意見もありますが・・・


【HMJのつぶやき】

昨日は1日確定申告作業。

MacBookのキーボードの感触が新鮮でたまりません。

まだMacBook Airと併用していますが、早く完全移行したいです。

【1日1新】

MacBookで仕事

スポンサーリンク

音楽、子育て、特撮税理士。
独立・起業・スモールビジネス、ベッドルームから始めよう。
あなたが好きなことを続けていくために、その勇気と情熱をサポートします。

スポンサーリンク