流行に興味を持ってみる

興味ないなぁ〜と思っても、流行のものには、少しだけでも、1ミリだけでも関心を持ってみましょう。

 

Flower garden

 

なぜそれが流行ってるのかさっぱりわからない!

と、斜に構え続きてきた人生でした。

でも、それが世間一般では評判がいいのも事実。

なんで流行ってるのかな?くらいの好奇心を持って、かる〜く研究してみてもおもしろいと思います。

 

世間が『iモード』一色のとき、僕は『PHS』を使っていました。正直不便でした。

今はiPhoneを使っています。長いものに巻かれることでこんなにも利便性が向上するとは!

 

消費者として便利に過ごすには、常に主流派である必要があります。

ただ、主流派が永遠に続くことはありません。変化への耐性は養っておくべきです。

 

お花畑という最強コンテンツ

地元茨城にある「国営ひたち海浜公園」。

そこのネモフィラ畑の集客力がすごいです。

お花畑に興味のない僕には、あんな混雑の中、わざわざ花を見に行くなんて信じられません。

スポンサーリンク

 

 

でも、お花が人気なのです。

さびれている公園の関係者の皆さま、是非気合いの入ったお花畑を作ってみてはいかがでしょうか。

 

「流行=いいもの」ではない

甲本ヒロト氏が言ったとされている名言で、こんなのがあります。

 

「売れているものが良いものなら、世界一のラーメンはカップラーメンだよ」

 

売れることは決して悪いことではありません。

でも、売れたいがために、今売れているものに自分を寄せすぎてしまいそうになったとき、ちょっとこの言葉を思い出してみましょう。

 

その今売れているものは、もしかすると、あなたが思う「良いもの」ではない可能性があります。

 


 

【さんプラーザ前川くんのつぶやき】

昨日は長男風邪につき1日付き添いました。

 

【1日1新】

とあるご依頼

 

【長男(8歳)のマイブーム】

偏食家の長男、ラーメンのメンマにチャレンジ(やっぱダメだった模様)

 

【次男(2歳)のマイブーム】

いろんな容器で麦茶を飲む

 

スポンサーリンク