『観音崎京急ホテル』近場で、海のそばで、リーズナブルなホテル。

スポンサーリンク


夏休み!東京から近くて、海があって、お値段お手頃なホテルはないかな・・・

プールも大浴場もあるといいな・・・

探し出しました、『観音崎京急ホテル』を。

『観音崎京急ホテル』

観音崎(かんのんざき)は神奈川県横須賀市にあります。

車で東京都中野区からですと、交通状況にもよりますが90分程度でしょうか。

↓『観音崎京急ホテル』、こんな外観のホテルです。

Kannonzaki 9

それほど新しい建物ではありませんが(1985年開業)、手入れされておりお部屋はキレイでした。

写真撮らなきゃ!と思ったときは、既に家族が部屋を荒らした後だったため、部屋の写真は撮れず・・・

・アロハシャツ無料レンタル

リゾート気分が少しだけ高まるかな?フロントでアロハシャツを無料で貸してもらえます。

子供サイズも100からそろっていて楽しいです。

私が着るとホテルの店員にしか見えなかったため、館内をアロハシャツで歩くのはやめました。

・全室オーシャンビュー

全室オーシャンビューです。

Kannonzaki 11

↓部屋には双眼鏡完備!

Kannonzaki 10

これで、行き交う船を観察することができます。

大型豪華客船、軍艦、貨物船などを見ることができました。ちょっとしたアトラクションです。

・シーサイドプール

シーサイドプールがあります。

宿泊客は無料で利用できます。

が、両日とも天候不良と水温が低いとの理由で入れませんでした。(プールを楽しみに来たため、長男は号泣でした。)

・スパ施設『SPASSO』

大浴場としては、ホテルの敷地内にある施設『SPASSO』が宿泊者は無料で利用できます。

宿泊が1泊であれば、2日間何度でも利用でき、バスタオルとハンドタオルはその都度無料で借りれます。

清潔感のある施設で、安心してくつろげます。

Kannonzaki 8

天然の温泉ではなく、人工温泉ですが、露天風呂もあり全然満足できると思います。

↓休憩場所もあります。まあまあの広さです。

Kannonzaki 7

↓横須賀名物(?)ペリーサイダーで湯上がりの水分補給などいかが?

Kannonzaki 6

1点、残念だったこと。

『SPASSO』の営業時間が10:00〜23:00のため、いわゆる「朝風呂」はできません。

早朝、子供が起き出す前にひとっ風呂!ができなかったのは残念でした。

朝食後、10:00過ぎにきっちり入らせてもらったので、まあ良しとしましょう。

ちなみに、チェックアウト後もその日については無料で入浴可能です。

・夕食について

夕食については、フレンチ(子供不可)か和洋折衷なレストラン(子供可)がホテル内にあります。

付近に飲食店は全く無いので、横須賀市内まで車で行く場合等を除き、実質この2択となります。

しかし、コンビニ(ファミリーマート)なら、車で2〜3分、徒歩7〜8分のところにあります。

うちは0歳児と6歳児ということもあり、外食より部屋の方が楽なため、ちょっと寂しくはありますが今回はコンビニですませました。

・朝食ビュッフェ

夕食はコンピニですませたこともあり、朝食くらいはいっちゃいましょうよということで、朝食ビュッフェへ。

大人2,190円、小学生1,048円、4歳以上286円(いずれも税別)。

↓「三崎鮪のブツ」は素晴らしく美味しかったです。

Kannonzaki 5

御飯のお供が豊富な和食メインのビュッフェでなかなか楽しめました。

コーヒーはファミレスによくある1杯ずつ豆を挽くマシンではなく、ポットに貯めてあるタイプでしたが、その手のコーヒーにしては美味しかったです。

 

『観音崎公園』がすごかった!

プールは残念でしたが、近くにある『観音崎公園』で思い切り遊ばせることができました。

・駐車場から遊具までは結構歩く

駐車料はこの夏の時期、890円です。神奈川県立だし無料だとばかり思っていたので驚きました、高くて。でも1日の駐車料金ではあるので、まあそんなものでしょうか。

無料の時期もありますので、ウェブサイトで確認してみてください。(観音崎公園ウェブサイト

(公園は入園無料です。)

今回は「うみの子とりで」というエリアを目指しました。長い滑り台などの遊具があるエリアのようです。

一番近い第2駐車場から徒歩17分とのこと。頑張って歩くしかありません。

↓ショートカットするための山道に入りました。

Kannonzaki 3

なかなかハードです!高尾山以上筑波山未満くらいの登山です、もちろんそれより距離は短いですが。

帰りは遠回りでしたが、舗装された道を行きました。これはこれで、自然を楽しみながらのなかなか楽しいハイキングではありました。

頑張って歩いてたどり着いた「うみの子とりで」。そこは楽しい巨大遊具がある気持ちのいい広場でした。

Kannonzaki 2

↓長〜い滑り台。でも滑りはちょっと悪いかも?!

Kannonzaki 1

↓時折こんなレンガが顔を覗かせます。東京湾を守る要塞だった時代のレンガ造砲台の名残でしょうか?思わずペリー提督に思いを馳せてしまいます。

Kannonzaki 4

今回は、「うみの子とりで」にだけ行きましたが、『観音崎公園』、美術館を始め、まだまだ見どころ満載のようです。

また来たいかも。

最後に

この後、鎌倉に移動しました。

そのお話はまた次回に。

 

【HMJのつぶやき】

1泊2日の旅行、お天気には恵まれませんでした。

まあ、この日に限らず、ずーっと曇り空ですね。

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

スポンサーリンク

スポンサーリンク
シェアお願いします!
前川 秀和をフォロー!
そして君の税理士は歌うことができる|税理士 前川秀和ブログ