初めて食べて感動した食べ物 エムズカレー編

初めて食べて感動した食べ物の話を頻繁にする私に、「そんなのよく覚えてるねぇ〜、ブログにでも書いてみたら?」と妻が言ったことをきっかけに始まったこのシリーズ。

今回は、エムズカレー編です。

Amakuchi curry

家に常備している甘口カレーの数々

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

初めて食べて感動した食べ物 エムズカレー編

外食でカレーなんてあり得ない

外食でカレーなんてあり得ない、その思い込みを打ち破ってくれたお店の1つ、それがかつて笹塚にあったエムズカレーでした。

笹塚の十号通り商店街の一角にそのエムズカレーはありました。

カウンターだけのお店で、通い始めた当初はマスターが1人で切り盛りしていました。

マスター自らの手によって丁寧に盛り付けられるサラダ、瓶からなかなか出ないが超絶品のドレッシング、ニンニクが効いた付け合わせのコールスローもこれまた絶品。

スポンサーリンク

メインのカレーは言わずもがななんですが、それが出てくるまでの脇役たちもすごかった。

それでいて高いのかというと、そういうわけではなく、カレーにデフォルトでサラダが付いて1,000円を切る価格でした。

(何十年も前の話ではありません。2000年代に入ってからの話です。)

みんながハマったエムズカレー

職場で仲良かった方に連れて行ってもらったのが最初でした。

そして、ハマりました。昼休みには何度も足を運びましたし、恋人や友人達にもすすめ、みんなエムズにハマっていきました。

友人の友人もまた、エムズにハマったと聞いています。

笹塚にエムズがある、というだけで笹塚を住みたい街の1つにあげていたほどです。

しかし・・・

あのドレッシングも、付け合わせのコールスローも、いつも頼んでいたチキンカレーも、もう食べることができません。

よく「あなたが一番最後に食べたいものは?」という質問がありますが、もし私がそんな質問を受けたのであれば、「エムズのチキンカレー」と答えようと決めています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク