早めに遺品をあげると思ってステッカーをあげる

スポンサーリンク

大事なシールを奪われました。

Sticker drive

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

ステッカーコレクター

誰にでも多少なりともあるであろうコレクション癖。

僕にとってステッカー、いわゆるシールは、いまだに特別な存在です。

(ステッカーなら何でもいいわけではありません)

 

【参考記事】

職業、税理士。趣味はシール集め
シール、またの名をステッカー。 ステッカーが好きで、いまだに集めています。

 

いいと思ったステッカーは2枚欲しい。

1つは完全保存用、1つは使ってもいい用に。(不要不急の使用は認めませんが)

 

そして最近、1枚しか持っていない大切なステッカーが、使用されるという事件が起こりました。

無残にもそのカッコいいステッカーたちは、無駄にペタペタされる始末。。

数年前に手に入れた貴重なステッカーの、あまりにもあっけない最後でした。

 

自分が大事にしてるものを子どもにせがまれたら・・・

犯人は、最近仮面ライダーに興味を持った次男(3歳児)。

仮面ライダーに興味を持ってくれたのは嬉しい限りではあります。長男はほとんど仮面ライダーから卒業しかけていて、ひとりでゼロワンを観ている寂しい状況なのでなおさらです。

その次男、仮面ライダードライブのステッカーを見つけ、自分のiPadにペタペタしたのです。大事な大事な1点もののステッカーを・・・

貼るだけ貼って、その後は特に喜びもせず。。

スポンサーリンク


でもステッカーに限らずモノなんて、未来永劫、永遠に永久に自分のものであり続けることなんてできません。

(また、何十年も持っていれば高値がつくかと言えば、まあ、たかが知れています。 )

そう考えると、まあいいかと思えます。

早めに子どもに相続したと考えればいいかと。生前贈与。引き継いだら、それをどう使ったっていいんです。

 

本当にステッカーしか遺せなかったらゴメン・・・

 

集めさせられるのではく、集めよう

例えば子供の頃集めていた切手。

古い切手でも額面通りの価値しかありません。

僕は独立当初に送ったDMでパーッと使ってやりました。

 

例えばこれも子供の頃コレクションしたテレホンカード。

これは額面を割った金額で処分。買い取ってもらえるだけまだマシでした。

 

しょーもないものに手を出したものです。完全に踊らされていました。

それに比べれば、シール集めはなかなかいいコレクションの対象、であると信じたい、いや信じます。信じて集めます。

 


 

【編集後記 〜税理士・前川秀和のつぶやき〜 】

昨日は電話ミーティング1件。

お昼は近所の居酒屋さんのお弁当をテイクアウト。

 

【1日1新】

THIS IS NOT A STORE のリュック

 

【長男と次男 〜9歳(1ヶ月)児と3歳(2ヶ月)児のマイブーム〜 】

長男:iPadに見守りタイマーを設定→クレーム

次男:にいにと遊ぶ(にいにも昨日はよく遊んでくれていて助かりました)