覚えた言葉は今すぐ使おう。シップしてアーティストになるために

スポンサーリンク

子供に気付かされるシリーズ。

今回は「覚えた言葉はすぐ使おう」です。

Ipad mini ship

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

 

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

本物のアーティストは出荷する

本物のアーティストは出荷する。

英語で言うと、Real artists ship.

スティーブ・ジョブズの言った(とされている)言葉です。

 

アーティストはシップする」なんて声に出して言いながら、自らに言い聞かせています。

実際の僕は、Blogのネタをためてはいるがアップせず、iPhoneのボイスメモに曲のアイデアを弾き語ってはいるがレコーディングして発表することもせずと、スティーブ・ジョブズ的にはアーティストにあらずな状態でおります。

早くシップして本物のアーティストにならなければなりません。

 

覚えた言葉はすぐ使おう。初めて聞いたその言葉、聞いた瞬間から使ってやる!

先日、次男5歳が、シンクがどうしたこうしたと話していて、「シンク」なんて単語知ってるんだ?すごいなーと感心をしていると、、

「シンクってなに?」

やっぱり意味を分かっていなかったようで、言葉の意味を聞いてきました。

さっき聞いたであろうその言葉を、感覚で使う、使いたくて使う、声に出して言いたい日本語だから声に出してみた、そんな感じで「シンク」という言葉を使ったのでしょう。

(ちなみに、ここで言う「シンク」は、キッチンのシンクのことです。)

スポンサーリンク


 

「すぐに試してみる」の精神を持てば、「出荷」までの道のりはそう遠くはないはずです。

 

完璧より完成

「完璧を目指すよりまず終わらせる」(Done is better than perfect.)という言葉があります。

こちらもIT界の大御所、マーク・ザッカーバーグの名言です。

完璧を求めるより完成させることが大事。完成させて、出荷する。まさに、「Real artists ship.」(モノホンのアーティストはシップする)につながっていくなと。

 

思い起こせば子供の頃、ロボットのプラモデルを丁寧に丁寧に作り始めたはいいのですが、右足だけ作って飽きてしまうなんてことが頻発していました。

積読みたいな感じで、積み上がるプラモデルの箱。丁寧に作り込まれたバイファムの右足だけが、虚しく机の上に置かれていました。

 

そんな僕にも早速shipの機会が訪れた

先日、ギックリ腰を経験しました。多分、初めてだと思います。

結構ツラかったので、家にあった湿布をしました。

アーティストはシップする。

チャオ!

 


 

【編集後記 〜税理士・前川秀和のつぶやき〜 】

確定申告やコロナ療養などがあった忌々しい3月も終わり、日本的には新年度な4月になって2週間。

いろいろ動きます。

 

【1日1新】

黒いスタン・スミス

 

【長男と次男 〜11歳児と5歳児のマイブームなど〜 】

次男、最近マイクラデビュー。これまでYouTubeのゲーム実況を散々観ていて、満を持してのデビュー。そこはしっかり準備するのね。。

長男、それは勉強嫌いな新6年生。。