気をつけろ。裏がある(場合がある)

スポンサーリンク


魅力的なオファー、見知らぬ人からのやさしい声がけ、無料のセミナー・・・

それらにはたいてい裏があります。(ある場合があります)

 

Park swing

 

子供好きを装うおばあさん

公園で2歳児を遊ばせていると、たまにやさしく声をかけてくれるおばあさんがいます。

「何歳なの〜」とか、「今日はパパといっしょでいいね〜」とか。

 

「ありがとうございま〜す」などとおばあさんと話しを始めちゃうと、、、さあ大変!後悔したこと数知れず!

おばあさん、決まって自分の孫自慢を始めるのです。

 

「うちの孫も◯歳でね〜」

「うちの孫がこのくらいの頃はホニャララ、今はどこどこの中学行っててウンヌンカンヌン」

 

うちの子に声をかけたのは、うちの子がかわいかったからではなく、自分の孫の自慢話を聞いて欲しかったからなのです。

悔しい!また、やられた〜!しかも、おばあさんったらものすごいマシンガントーク!

 

でも、大丈夫。振り切るコツがあります。

それは、おばあさんが息を吸った瞬間を見計らって、「失礼しま〜す」とその場を立ち去ることです。

(※フィクションですけど、ほぼ実話です。もちろん、そんな方ばかりではないです!おばあさんリスペクト!)

 

無料セミナーのその先は・・・

例えば、無料だったり3,000円とかの低価格だったりのセミナーなんかは、その先に高額商品の営業があったりします。

そういった集客方法が悪いというわけではなく、それを知った上で受けたいよねという話です。

 

僕もそうですが、気が弱い人は「高額商品を買わなきゃ悪いかな?」と思ってしまいますが、向こうは全員が全員買ってくれるとは思ってないので、気にしなくて大丈夫です。

もちろん、いいと思えば買えばいいし、不要であれば買わなくていい。

 

それでも自分は押しに弱いというのなら、そういったセミナーは受けないほうがいいでしょう。

 

疑うのではなく、考えてみる

「疑ってかかる」というよりは、相手の意図などを「考えてみる」。

ビジネスを始めた以上は、そういったトレーニングは必要です。

当然あまりにもいい話だったならば、「疑ってかかる」くらいがちょうどいいということにはなります。

 


 

【さんプラーザ前川くんのつぶやき】

昨日は午後から個別コンサルティング1件。

個人事業主として開業予定のお客様でした。

 

【1日1新】

とある児童公園

 

【長男(8歳)のマイブーム】

パソコンを欲しがっている

 

【次男(2歳)のマイブーム】

クアドリラ

 

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

スポンサーリンク