東京観光〜東京スカイツリー編〜

スポンサーリンク

東京都民の東京観光シリーズ、1月の3連休の初日、東京スカイツリーに行ってきました。

前回行ったときは、↓こんな状態だったので、初めて行ったと言ってもよいでしょう。

Tokyoskytree underconstruction1

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

Tokyoskytree underconstruction2

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

3連休の初日は混んでいた!

せっかくのフリーランスの身でありながら、混むであろうこんな日を選ぶ計画性のなさよ・・・

急遽行くことに決めたことと、子供の予定を加味した結果、こんな予定となったというか、急に思い立って出掛けるのが好きです。

スカイツリーの入り口に着いたのは、15時頃でしょうか。そこには、チケット購入のための長蛇の列。係の方のアナウンスによると、60分待ちとのこと。せっかく来たので、身重の妻と子を列の途中に設けてある休憩スペースに残し、並ぶことにしました。

人が多さのせいか、湿った空気が重く息苦しかったです。60分の行列の間、iPhoneでKindle本を読んで過ごしました。しっかり充電しておいてよかった。

地上350m!天望デッキからの眺め

今回は天望デッキ(350m)までで、天望回廊(450m)には行きませんでした。

ちなみに、料金は、当日券で大人2,060円です。天望回廊まで行くには、さらに1,030円かかります。

350mからの眺めは、言うまでもなく最高でした。


Tokyoskytree nightview

建造物がギュウギュウに詰まった東京。ちょっとしたビルも遥か下に見えます。

たまにこうして俯瞰的に東京の街を眺めてみると、おおらかな気持ちになれるのでおすすめです。血気盛んな若者であれば、この景色を見て「天下取ってやるぜ!」的な気持ちになれるかも知れません。

おすすめ!リッチモンドホテル プレミア東京押上

都内在住ではありますが、私の好きなことの1つ、都内のホテルに宿泊すること。(もったいない!という声も聞こえてきますが・・・)本当は高級ホテルが好きな私ですが、予算の都合上、なかなか行けないため、きれいでリーズナブルなホテルをいつも探しています。

今回は、「リッチモンドホテル プレミア東京押上」をホテルのサイトから予約しました。そして、これが大当たり、家族からも大好評でした。

予約した部屋は、ツインルームの中でも最もリーズナブルなモデレートツインですが、ワンランク上のスーペリアツインにして下さいました。広さは38㎡、洗面台は2台も付いていました。

Washstands

(↑他の客室内の写真は、おくつろぎモードの家族が写ってしまっており、アップできませんでした。)

そして、何と言ってもその立地。東京スカイツリー、東京ソラマチの目の前に位置しています。

駐車場は、同じ建物にタイムズがあり、ホテルのフロントにて、1泊1,500円に割り引いてもらえます。

押上駅も目の前です。

リッチモンドホテル プレミア東京押上 | 公式サイト
東京押上のホテルならリッチモンドホテルプレミア東京押上。押上駅より徒歩にて約1分ビジネス・東京観光の拠点に最適。全室Wi-Fi無料!

 

朝食はシズラーで

ホテルと同じ建物内に同系列であるシズラーが入っており、朝食を付けた場合は、こちらのモーニングビュッフェを利用することになります。

宿泊者については、大人2,000円、子供1,000円、未就学児は無料です。

夕食もシズラーで

夕食付きの場合も、シズラーとなります。その場合、決められたメニューから選ぶことになるようです。

我々は夕食付きのプランではありませんでしたが、シズラーを利用しました。ここのサラダバー(食べ放題)はホント楽しいです。特にトルティーヤ。食べ過ぎ注意!

リッチモンドクラブの会員ですと、10%割引となります。通常500円の入会金が、宿泊者は無料となりますので、シズラーを利用する前にフロントで入会手続きをするといいと思います。(私は、そのことにあとから気付きました・・・)

Hamburg steak

Salad

スーパーマーケットもあります

同じ建物の1Fと地下には、スーパーマーケットのライフがあります。お酒が豊富にありました。

24時まで営業してますので、思う存分部屋飲みができます。

最後に

東京の東の方に来るといつも思うのですが、同じ東京なのに西側とは雰囲気が違い、とてもおもしろいです。東京は広い、広すぎるんじゃないか?とすら思ってしまいます。

私が暮らす中野区あたりは、元々田畑だった土地を住宅にし、農道がそのまま道路となったところが多く、狭くグニャグニャな道が多いですが、このあたりは狭い路地はあるとは思いますが、江戸時代の下町のなごりでしょうか、理路整然としている印象があります。

東京で暮らし始めてだいぶ経ちますが、ずっと西側に住んできました。東側にも1度くらい住んでみたかったと、少し後悔しています。