目指せ!遅咲きの成功者。横浜のカップヌードルミュージアムで子供と一緒にモチベーションアップ!?

スポンサーリンク

横浜みなとみらいにある『カップヌードルミュージアム横浜』

子供が喜ぶアトラクションであることはもちろんのこと、ビジネスをする上でのモチベーションアップにもなって、大人も子供も楽しめる一石二鳥の楽しい施設でした。

Cupnoodles museum 1

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー
スポンサーリンク

カップヌードルが無性に食べたくなる!

毒を食うつもりで食え。マクドナルド

自分で言うのもなんですが、以前こんな秀逸なコピーを考えたことがあります。是非ラジオのコマーシャルあたりにどうでしょうか?日本マクドナルド様。

マクドナルドはうちの子供たちも大好きで、週1ペースで通っております!(と、一応フォロー)

そんなファストフードと同様、高カロリー・塩分過多で身体に悪い食べ物とされているカップラーメン。

創業者の安藤百福(あんどう・ももふく)さんは、お昼は欠かさずチキンラーメンを食べて96歳まで生きたということなので、人によっては毒ではないのかも知れないし、多少の毒を摂ることが長生きにつながったりすることもあるのかも知れません。

いずれにせよ、この佐藤可士和さんプロデュースのカップヌードルミュージアムを訪れたならば、カップヌードルが無性に食べたくなるのは間違いないです。

ちなみにその日の夕食、妻以外、僕と長男と次男は、もちろんカップヌードル。

長男と次男はカップヌードルミュージアムでつくったオリジナルカップヌードルを、僕はコンビニで買ってきたカップヌードルをそれぞれ食べたのでした。

食事もできます

もちろんメニューはラーメンオンリーですが、食事もできます。

アジアンな屋台風フードコートです。

量は少なめだけど、とてもリーズナブル。世界各国のラーメンをいろいろ試せます。

Cupnoodles museum 11

さきほどはラーメンオンリーと書きましたが、数量限定の『謎肉丼』なるメニューもあります。

本当に数量限定で、早いものがちです。

この謎肉丼、思いのほか美味しく、1杯目を長男に食べられてしまったため、おかわりしました。

(↓カップヌードルの具でおなじみ、「謎肉」がたっぷり入った『謎肉丼』)

Cupnoodles museum 12

遅咲きだった日清食品の創業者

百福シアターなる映像アトラクションから始まる、これでもか安藤百福さんな展示が続くゾーンで、ビジネス自己啓発モードになりましょう。

Cupnoodles museum 3

佐藤可士和な展示は続くよどこまでも。

Cupnoodles museum 2

安藤百福さんがチキンラーメンをつくったのは、彼が48歳のとき。

遅咲きとして知られていますが、それまでも数々の事業を立ち上げてきた(そして失敗もしてきた)起業家でもあります。

上の図(写真)にもある、胸に頭に響く言葉たち、

  1. まだ無いものを見つける
  2. なんでもヒントにする
  3. アイデアを育てる
  4. タテ・ヨコ・ナナメから見る
  5. 常識にとらわれない
  6. あきらめない

の、まさに「あきらめない」精神がチキンラーメンを誕生させたのです。

その後、チキンラーメンはパクられまくり、数多くの劣悪な類似品を生むのですが、著作権フリーな感じにして業界自体を広げていったのはすごいなと思いました。

自分だけのオリジナルカップヌードルがつくれる

1食300円で、手作りカップラーメンがつくれます。

まずは、容器にマジックでお絵かき。

Cupnoodles museum 6

容器にお絵かき(落書き?)が終わったら、好きな具を詰めてもらいます。

選べる具は、3種類まで。ちなみに、次男(2歳児)はコーン1種類を選択したので3倍の量のコーンを入れてもらいました。

Cupnoodles museum 7

フィルムコーティングして、できあがり!

Cupnoodles museum 9

Cupnoodles museum 8

専用のエアバッグに入れて、お持ち帰りです。

Cupnoodles museum 10

旅としてあえて横浜

横浜は東京から近いし都会だけど、なんか地方都市感も溢れていておもしろいです。

たまにしか来ないせいでしょうか、横浜に来ると、地方に来た感をたっぷり感じることができます。

東京の人は旅として横浜に行ってみるのもアリだと思います。

カップヌードルミュージアム アクセス情報など

駐車場は40台分ありますが、休日などはすぐにいっぱいになっちゃうかも。

最寄り駅は、

  • みなとみらい線「みなとみらい駅」「馬車道駅」それぞれ徒歩8分
  • JR・市営地下鉄「桜木町駅」徒歩12分

オリジナルのお土産もたくさんあって楽しいです。

料金(入場料)は、500円(高校生以下は無料)
ちなみに、再入場も可能です。

カップヌードルミュージアム 横浜
「カップヌードルミュージアム 横浜」は、インスタントラーメンにまつわるさまざまな展示や体験工房など通じて、発明・発見の大切さやベンチャーマインドについて楽しみながら学べる体験型ミュージアムです。

Cupnoodles museum 4

Cupnoodles museum 5

 


 

【編集後記 〜税理士・前川秀和のつぶやき〜 】

昨日は午前中はお客様訪問。

午後は打ち合わせ1件。

 

【1日1新】

GoogleのToDoリスト

 

【昨日の長男と次男 〜8歳児と2歳児のマイブーム〜 】

長男:ロボットダンス
次男:ゴミ出し

長男は学校で気味悪いロボットダンスをひとりで踊っている模様。連絡帳に先生が書いていました。
やってもらったけど、確かにオタクっぽくて気味悪い動きでした。

弟の方は、朝いっしょにゴミ出しに行ってくれます。ゴミを持ち、抱っこをし、これならひとりでゴミ出し行ったほうが楽じゃねーか!とも思いますが、2歳は本当に可愛い時期でとても癒やされています。