この夏、スーツどころかクールビズも無理だった、、、フリーランスの仕事着を考える

スポンサーリンク

スーツなんて着たくない!

それが独立した理由の1つの人も結構いらっしゃるでしょう。

当然、僕もその一人です。

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

Intense heat and blue sky

スポンサーリンク

クールビズにも耐えられなかった

シャツの襟(えり)が苦手です。

暑苦しいし、閉所恐怖症の僕にはその束縛感がダメです。

オシャレとは我慢である(by 前川秀和)

この夏の猛暑では、スーツどころかクールビズスタイルにも耐えられませんでした。

そもそもクールビズスタイルをキメこもうとすら思っていなかったフシもありますが。

フリーランスやひとり社長の仕事着、最初に結論を言ってしまいますが、なんだっていいんじゃないでしょうか。

フリー、すなわち自由なスタイルで。

 

ユニクロと無印良品とスタンスミス

一時期『ノームコア』なるスタイルが流行というか、提唱されていました。

この『ノームコア』という言葉、個人的にとても気に入っていて、自分でもそういうスタイルを目指しています。

ハードコアと対局にあるノームコア。いや、それらは対局に見えつつも、その精神性はまったく同じところにあるのではないか。

それはつまり単なるファッションではなく、カルチャーとかアティテュードとか、そう、ちょっと語れるストーリーだったり。

ユニクロと無印とスタンスミスを駆使して、このノームコアを体現しようと日々実践中です。

<仕事着は経費か否か問題>

スポンサーリンク


仕事用であれば、それは当然経費です。
制服、ユニフォーム、作業着など、仕事中にのみ着る服は、100%経費。

しかし、その服を仕事中以外も着ているのであれば、経費とするのは無理があるでしょう。
少なくとも全額経費は難しいので、そのうちの何%かを経費にしましょう。
何%にするかは、仕事で着ている時間プライベートで着ている時間の比であん分します。

例えば、

1万円で買った仕事着を、1日に仕事で8時間プライベートで2時間、その仕事着を着ているのであれば、

8 ÷(8+2)=  80%

なので、1万円 × 80% = 8,000円を経費に入れることになります。

Work clothes that cost

田舎の同窓会にはあえてスーツを着て行け

ある夏の出来事です。

「お兄ちゃん、同窓会でスーツ着てる人なんて誰もいないよ」

中学時代の同窓会のため帰省した僕に、弟はそう言いました。

ノームコアとか言ってるあまのじゃくな僕なので、それならばあえてスーツで行こうじゃないの!と暑いけどスーツを着て同窓会の会場であるホテルへ向かいました。

弟、大正解。スーツは僕含め2名。

たまにはスーツ着ようぜ!

 


 

【編集後記 〜税理士・前川秀和のつぶやき〜 】

「あまのじゃく」から「ジャック・アマノ」というのを思い付いたのですが、ググったらやっぱりそういうハンドルネームの方、いらっしゃいますね。

昨日は予定なし。今月申告の法人に着手。

 

【1日1新】

都立家政のPeacock

野方の餃子の王将

 

【昨日の長男と次男 〜8歳児と2歳児のマイブーム〜 】

長男:スライム作り
次男:自分のこと「〇〇くん」って言ってたのに、「ぼく」と言い出した