甘酒のとってもおいしい飲み方を伝授します

スポンサーリンク

甘酒、美味しいです。

シュガーフリーで健康にもいいスーパードリンクらしい。

よくスーパーで売っているということは流行っているのでしょうか。

定番アイテムとなってずっと品数豊富な状態が続いてほしいです。

Amazake

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

食わず嫌いだった

甘酒、最近ハマってます。美味しいです。

でも、実はずっと食わず嫌いでした。

なぜなら、白いから。

牛乳が苦手な僕は、甘酒が牛乳同様白いというだけで避けていたのです。

もったいなかった。

 

甘酒の効用

通称「飲む点滴」「飲む美容液」なんて言われている(ホント?すげぇな!)、甘酒。

その甘酒には次の2種類があります。

  1. 米麹甘酒(こめこうじあまざけ)
  2. 酒粕甘酒(さけかすあまざけ)

米麹甘酒は、日本酒のように米と麹でつくったもので、砂糖不使用です。

酒粕甘酒は、酒粕をお湯で溶かして砂糖を入れてつくるものです。

 

「飲む点滴」「飲む美容液」といって重宝されてるのは言わずもがな「米麹甘酒」のほうです。

砂糖なしでも驚きの甘さ!

我ら、おデブちゃんズのデザートはこれに決まり!

今宵も食後のデザートに米麹甘酒をいただきます。

 

ホントは内緒にしておきたい!初詣で知った甘酒のおいしい飲み方

阿佐ヶ谷にある神明宮という神社に初詣で行ったときのことです。

スポンサーリンク


初詣の時期は境内に甘酒屋さんが出ていて、1杯100円で飲むことができました。

おばあさん達が営んでいたんですが、「お好みで御神酒(おみき)を足して飲んでね〜」みたいなことを言うじゃありませんか。

「オミキ??」

よくわからないまま、一升瓶に入った「オミキ」なるものをこれでもかと入れます。

すると、あ〜ら不思議。とっても美味。まるでお酒を飲んでるみたい!

当然、家でもオミキを足して飲んでます!

以上、おすすめの最高においしい甘酒の飲み方でした。チャオ!

 

【追記】

阿佐ヶ谷駅から徒歩2分、神明宮で初詣
阿佐ヶ谷駅にほど近い場所にこんな素敵な神社があるとは!と初めて行ったときは驚きました、神明宮。厄除けや安産祈願でもお世話になっております。今年も初詣に行ってきました。

今年の初詣から神明宮で甘酒を売ってるのが、おばあさん達ではなく業者(阿佐ヶ谷の有名な和菓子屋さん)になってしまいました。

妻曰く、「ババアの甘酒が飲みてぇなぁ!」とのことでした。チャオ!

 


 

【編集後記 〜税理士・前川秀和のつぶやき〜 】

昨日は(も?)確定申告業務。

下の子、3歳児検診。ずっと泣いてたとのこと。他に泣いてる子なんて誰もいなかったそうです。

 

【1日1新】

十六穀でつくった麹あま酒 PLUS

 

【長男と次男 〜9歳児と3歳児のマイブーム〜 】

長男:夜ふかし

次男:同上