専門家に言ってもらう安心感

スポンサーリンク

専門家の商品は「安心」である。

Stethoscope smjr

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

ズバリ言うわよ!

先日、痛みについて書いたこの記事が役に立ったと、お礼のメッセージをいただきました。

その腕のしびれや痛みはやがて治ります!頸椎性神経根症、頸椎椎間板ヘルニアのやり過ごし方
2年ほど前に苦しめられていた病気のことを書きたいと思います。頚椎性神経根症、頸椎椎間板ヘルニア、どちらの病気も、首に通っている神経を圧迫し、腕の痛みやしびれという症状を引き起こすという点では似ています。

とても嬉しい出来事でした。

この記事の中で、「医師からの診断結果」がとても心を落ち着かせてくれたと書きました。

正式な病名がわかったことに、とても安心感を覚えたのです。

専門家(ここでは医師)でなければ、病名を断定することはできないでしょう。

 

しっかり料金をいただく

病名をズバリ言っただけで、なぜ僕はこうも安心を得られたのか。

1つは、見えなかった敵を知れたということ。

そして、もう1つは、それが信頼できる専門家の出した結論だったということ。

専門家の言葉は重いです。

一方、専門家としての自分はというと・・・

「こんなことで喜んでいただけるの?」

と思うときがたまにあります。

  • お客様ご自身でもできるようなことなんだけどな。。。
  • 他でやれば、無料、もしくは、もっと安くできるかもしれないんだけどな。。。

そんなことが頭をよぎることも。

スポンサーリンク


 

でも、たとえそれが簡単なご依頼内容だったとしても、規定の料金はいただくべきです。

専門家の判断には責任が伴います。

料金にはその負う責任の大きさが反映されているべきで、安易な「安くして」にこたえてはいけません。

仮に無料で請け負ったとしても、責任を負う可能性だってあるのですから。

 

とは言っても、お客様の安心された表情も僕らの報酬

少し固かった表情が、別れ際にはゆるみ、「ホッとした」「安心した」なんて言っていただけたら、こちらも嬉しくなるものです。

「痛みをとり、安心を与える」、それが専門家の仕事です。

チャオ!

 


 

【編集後記 〜税理士・前川秀和のつぶやき〜 】

長男と1日家で過ごしました。

長男も次男も1台ずつiPad持ってるのに、なぜ僕だけ持っていない!(正確には妻も持っていません。。)

つまり、そういうことです。欲しいんです。

 

【1日1新】

フルーチェをつくる(長男に頼まれて)

 

【長男と次男 〜9歳児(0ヶ月)と3歳児(1ヶ月)のマイブーム〜 】

長男:ゲーム!ゲーム!ゲーム!

次男:お仕事ごっこ(古いキーボードをガチャガチャやっています。お仕事にあこがれているようです。)