発想の転換としてのペーパレス化

スポンサーリンク

ペーパレス、ペーパーレス。「ー」をつけるかどうかはどちらでもいいとして、仕事においてはメリットしかないような気がしてます。

 

Cloud ih mito

(↑クラウド)

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

 

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

子供が仕事部屋に入ってくる

自宅にワークスペースがある方で、小さい子がいるご家庭であれば、キッズがパソコンや書類をいじる問題は避けて通れない問題です。

 

先日、帰ってきたら、引き出しにしまってあったはずのガンバライジングカードが床一面に散らばっていた、なんてことがありました。

犯人はもうすぐ2歳になる次男でした。油断も隙もありゃしません。

 

まあ、ガンバライジングカードならまだいいのですが、これがお客様から預かっている書類だったら大変です。

 

でも、ん?待てよ。

そう、「ん?待てよ」です。

そもそもお客様から書類なんて預かっていなければ、そんな心配は無用のはず。

ガンバライジングカードの心配だけしていればいいのです。

ペーパーレス化の出番です。

 

預かった預かってない問題

言った・言わないとか、預かった・預かってないとか、仕事でよくあるポピュラーなトラブルの一つでしょう。

 

でも、ん?待てよ。

預からないから、なくさない。

それでこの問題は解消です。

ペーパーレス化の出番です。

 

ペーパーレスに抵抗はないか探りを入れる必要はあるかも

とはいえ、ペーパーレス化を他の人に闇雲に押しつけるわけにもいきません。

 

データやPDFでくださいと頼んでも、面倒だから紙の資料を持って帰ってくれと言うお客様もいることでしょう。

PDFで請求書や成果物を提供しても、紙でくれというお客様もいることでしょう。

 

「紙でのやり取りはしない」ということについて、事前の確認はしておいたほうがいいかも知れません。

 

  • ペーパーレス化に協力していただける
  • ペーパーレス化に取り組んでいる

そんなお客様が理想ですし、そういう方に来ていただけるような工夫が必要でしょう。

 

バカみたいに「紙」を悪者扱いする必要はもちろんないです。

でも、無駄なトラブルは避けて、できる限り自由でいたい。そんな感じです。

ペーパレス化のその先にあるものは
さあ、ペーパレス化をはじめようか。

 


 

【さんプラーザ前川くんのつぶやき】

昨日は基本オフ。夜に新規のお客様の面談1件。

 

【1日1新】

ガスト中野江古田店

 

【長男(7歳)のマイブーム】

将来どんな人と結婚したいの?と聞くと「女子高生」と答えた

 

【次男(1歳11ヶ月)のマイブーム】

アーモンド