原則スーツは着ない宣言(または、なるべくカジュアル宣言)

スーツなんてクソくらえ、独立したらスーツなんて着ないんだ!

そんな夢を抱きながら、僕は独立しました。

Zozo suit

(↑ZOZOスーツで測定して、スーツとシャツを注文してみたのですが・・・)

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スーツ、週に1回は着てます

スーツ、またの名を背広。

残念ながら、最低でも週に1回は着ちゃってます。

冠婚葬祭、パーティ、園遊会・・・そんなときは思いっきりドレスアップするけど、普段はスーツなんて着ないよ!

・・・とはいかず、なんか着る機会があります。

スーツを着ないことが僕にとっては独立の象徴なので、不必要には着ていません。

なので、週1回。

でも正直なところ、スーツに対して以前よりも嫌悪感はなくなってきています。

お金のためならスーツも着る

「スーツを着ない」という理想は目指すけど、TPOに応じて臨機応変にスーツ着てもいいかなと今は感じています。

ビジネス的に発展途上であればなおさらです。

例えば、スーツ着れば契約が取れるというのであれば、そこはササッとスーツ着ちゃう軽やかさは、初めは持っとくべきでしょう。

もちろん、最終目標としての「原則スーツ着ない宣言」は、心の中心部分にとどめておくべきではあります。

「TPOに応じて」というしたたかさ

TPO、すなわち、時と場所、場合に応じて、使い分ける。

商才のある人にとっては、したたかもなにもないのかも知れません。

スポンサーリンク

「スティーブ・ジョブズもTPOわきまえて、戦略的に服選んでたよ。スーツだって着てたよ。」

というのを聞いたことがあります。

そうなのか!常にとんがってて、黒タートルネックにジーンズだとばかり思っていました。

とってもスーツな思い出

僕が会計事務所に勤めていた頃の、とってもスーツな思い出話をしたいと思います。

確定申告シーズンのある日、僕はスーツを着て税務署に行きました。

確かお客様の申告書を提出に行ったのだと思います。

すると、受付待ちで並んでいる老婦人から、「相続税の申告書はどこに出せばいいのかしら?」と声をかけられました。

「知らねーよ、俺、税務署員じゃないし」と思いつつも、「あちらです」とご案内。

確かに、ああいう場所でスーツの人って、税務署員しかいません。

スーツを着ていたために、税務署員に間違えられたというお話でした。

税務署にはスーツ以外の服装で行きましょう。


【サンプラザ前川くんのつぶやき】

ZOZOスーツで計測して、ZOZOTOWNでスーツを注文していたのですが、待てど暮らせど届かない、2度3度に渡る遅延のお知らせ。

申し訳ないと思いつつも、キャンセルさせていただきました。

生産が落ち着いたら、また注文してみようかな。

【1日1新】

税理士ブログ(事務所サイト)が1日1,000PVを超えた

【長男(7歳)のマイブーム】

クリスマスにむけていい子にしている

【次男(1歳9ヶ月)のマイブーム】

ブルーレッシャー

スポンサーリンク

音楽、子育て、特撮税理士。
独立・起業・スモールビジネス、ベッドルームから始めよう。
あなたが好きなことを続けていくために、その勇気と情熱をサポートします。

スポンサーリンク