小学1年生から学ぶ!違うカルチャーを否定しないアティテュード

異なるカルチャーが混在する子供時代。

「いろんな人がいる」ということは案外忘れがちです。

Bear head back

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

「知らねーよ!」の返事にもめげずに喋り続けるAくん

妻の公園での目撃談。

とてもおもしろい話だったので紹介します。

小学1年生(来月は2年生)の男子2人のやり取りです。

一方的にカードゲームの話をする、Aくんに対し、

Bくん「知らねーよ」

それでもカードゲームの話をするAくん

Bくん「だから、そのカードゲーム知らねーよ」

ここで他の話題に切り替わり盛り上がる2人。

再びAくんカードゲームの話に。

Bくん「だから、知らねーって!!」

(このあと2人はもっとエキサイトしていきますが、省略します)

趣味は違うけどなかよし

AくんとBくん、カードゲームという共通言語はありませんが、とてもなかよしです。

大人であったら、その共通言語がない時点で他のグループに移籍してしまうでしょう。

この異なるカルチャーの混在っぷりは子供時代ならではです。

(公立の学校と私立の学校ではまた状況は違ってくるのかな?)

「知らねーよ」と興味を示さず、共感もせずな状態にもかかわらず、違うカルチャーを否定しない姿勢はなんともさわやかです。

違うカルチャーを否定しない姿勢

独立してから「違うカルチャーを否定しない」ということを心がけてきました。

スポンサーリンク

私の場合はBくんのように「知らねーよ」とは言わず、「そうなんだ!」とか「いいですね!」と言っています。

昔だったら、この人は別の文化圏だと感じると壁を作っていました。

(壁を作ったほうがいい場面も当然ありますが・・・)

でも、それではやはりもったいない。

自分の成長をも止めてしまうかも知れない。

Bくんとの違いは、「知らねーよ」で終わらせずに、そのカルチャーの話を聞いてみているということ。

陳腐な言い方ですが、思わぬ気づきや発見があったりしますし、何より会話をすることが楽しくなりました。

ここで私のこれまでの行為に対する反省を

私のCDラックには結構な数のCDがおさまっています。

結婚後、そのラックに妻所有のCDもおさまることになりました。

というか、勝手におさまっていました。

大江千里やCoccoやジュディマリなどなど。

それを見た私は、

「俺のCDラックがけがれる!」

と怒りました。

ごめんなさい。妙なこだわりはもう捨てます。

ジーンズにもちょっとしたこだわりがある私。

あるとき、「これからは無印とかユニクロのジーンズでいいや!」と妻に言うと、

「そのこだわりを捨てちゃダメでしょ!」

と怒られました。

難しいです。


【HMJのつぶやき】

昨日、花粉症の症状が重く「今日は花粉が多いな〜」と思ってたら風邪引いてました。

【1日1新】

とあるセミナー

Mountain Hutの焼き菓子

スポンサーリンク

スポンサーリンク