斬新さと歴史とイマジネーション!『烈車戦隊トッキュウジャー』が好きでした

スポンサーリンク


『烈車戦隊トッキュウジャー』から始まり、『仮面ライダードライブ』で完全に東映ヒーローものにハマった私。

きっかけは枕でした。

Tqg pillow

(↑トッキュウジャー枕。まだ持ってた!)

ばあばが送ってきた枕からすべては始まった

孫達に「じいじ・ばあば」と呼ばせている私の両親。

それはともかく、ある日、そのばあばとやらが、まだ幼かった長男のために枕を送ってきました。

それがトッキュウジャーの枕だったのです。

そのときは、「今はこんな戦隊モノやってるんだ」くらいにしか思っていませんでした。

しかし、たまたま観る機会があり、その後2度3度と観るうちに完全にハマっていました。

観れなかった前半何話分かについては、DVDまで購入してチェック。

日曜日の朝7:30が何よりも楽しみになっていました。

仕事中(サラリーマン時代です)も、脳内の8割はトッキュウジャーと仮面ライダーが占めていたと思います。

(今は『仮面ライダービルド』が9:00から、『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 』が9:30からになっています。残念です。是非とも前の時間帯に戻して欲しいです!つまらないワイドショーみたいな番組のために仮面ライダーとスーパー戦隊は後ろに追いやられてしまいました。仮面ライダー観終わって8:30、さあ家族でお出かけ!みたいに日曜日としては最高のスタートが切れてたのに・・・)

1975年『秘密戦隊ゴレンジャー』から1度も途切れることなく続いている

ゴレンジャー、ジャッカー電撃隊、バトルフィーバーJ、デンジマン、サンバルカンくらいまでは熱心に観ていましたが、ゴーグルファイブでトーンダウンしていき、ダイナマン、バイオマン、チェンジマンくらいになると「あったよね〜」くらいの感覚です。

それ以後はさすがにわかりません。

その頃は、土曜日の夕方が戦隊モノの時間帯でした。

現在放映中のスーパー戦隊は、『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 』。

その前のものをさかのぼっていくと、

『宇宙戦隊キュウレンジャー』

『動物戦隊ジュウオウジャー』

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』

『烈車戦隊トッキュウジャー』

となるので、トッキュウジャーは今から4代前のスーパー戦隊ということになります。

サンバルカンが5作目で、トッキュウジャーが38作目なので、33年ぶりにスーパー戦隊にハマったことになります。

トッキュウジャーの魅力

まずは「特急」をモチーフにしたその斬新さ!

レッド、ブルーなどと色ではなく、「◯号」という名前のヒーロー達。

  • トッキュウ1号
  • トッキュウ2号
  • トッキュウ3号
  • トッキュウ4号
  • トッキュウ5号
  • トッキュウ6号

「暴れてあっぱれ、アカニンジャー!」みたいな名乗りがないのも、戦隊モノとしては新鮮でした。

(名乗り自体は嫌いではないです!)

名乗りのかわりに、「トッキュウ〜1号〜」という車掌さん的なアナウンスが流れ、ポーズを決めていきます。

列車5台が合体して変形するロボット「トッキュウオー」も斬新でした。

イメージとしては、5本の棒を横に連結させるだけのロボットです。

Tokkyu oh

(↑飛行機の中で子供をなだめる用に持参したトッキュウオーのおもちゃ。奄美大島にて)

そして、何より、トッキュウジャーがこんなにも魅力的だった最大の理由があります。

ちょっとえらそうなモノ言いになってしまいますが、それは脚本です。

脚本がとにかくよかったんだと思います。

逆の例で言えば、仮面ライダーゴースト。

すごくカッコよくて、おもちゃにもたくさんお金を使ったのですが、話の内容的にはアレでした。

まとめ

『烈車戦隊トッキュウジャー』のすごさを列挙しておきます。

  • 「特急」がモチーフという斬新さ
  • 名乗りがないという戦隊モノとしての斬新さ
  • 色ではなく「◯号」というネーミングの斬新さ
  • ロボットのデザインの斬新さ
  • いい脚本
  • いいオープンニング曲
  • イマジネーションというキーワード
  • 敵の大ボスの繊細さや奥深さ
  • グリッタ嬢やその他の敵幹部たちのキャラの立ち方

現在放映中の『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 』も、斬新さという点から言えば相当期待できそうです。


【HMJのつぶやき】

昨日は午前中病院、その後自宅で法人の申告業務。

風邪でややしんどかったこともあり、病院に行った以外は1日中自宅で過ごしました。

病院も薬局も自宅と同じ建物内にあるので、移動距離ほぼ0な日でした。

 

【1日1新】

花粉症+風邪

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

スポンサーリンク