社宅で節税

スポンサーリンク

会社が社長のために住居を借りると、会社、社長ともにメリットがあります。

いわゆる「社宅」です。

Chugin tower

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

↑LEGOでできた中銀カプセルタワービル

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

会社が社宅を借りるメリット

会社が社長のために社宅を借りると、会社、社長のどちらにもメリットがあります。

・会社のメリット

会社側のメリットとしては、

  • 社宅の賃借料を経費にできる

というわけで、法人税等の節税になります。

・社長のメリット

社長側のメリットとしては、

  • 会社に家賃を負担にしてもらえる
  • 家賃負担が減った分、役員報酬を下げれば所得税・住民税・社会保険料について節税になる

ということがあげられます。

社宅の家賃を会社の経費にするための条件

社宅の家賃を経費にするためには、次の3つの条件を満たしている必要があります。

  1. 会社名義で契約する
  2. 社長が会社に少し家賃を払う
  3. 会社と社長間で契約書をつくる

・会社名義で契約する

社長個人名義ではなく、法人名義で契約する必要があります。

・社長が会社に少し家賃を払う

社長は家賃の一部を負担しなければなりません。

その一部は会社に支払うことになります。

国税庁が出している一部負担額の算定方法があります。

↓算定方法についてはこちらをご参照ください。

参照:役員に社宅などを貸したとき(国税庁)

区役所・市役所で「固定資産課税台帳」の確認が必要となるなど、その算定は少し面倒ではあります。

しかし、やってみると社長が負担すべき金額はかなり低くなるはずです。

やる価値はあります。

計算の根拠があることは、税務調査対策にもなります。

・会社と社長間で契約書をつくる

会社と社長間で「社宅使用契約書」を作成しましょう。

【法人の節税】会社も社長も社宅で節税。社宅家賃で節税するための3つの条件
会社が社長のために社宅を借りると、会社にも社長にも節税効果があります。 会社が社宅を借りることで、その賃借料を会社の経費にできます。 会社にとって節税になることはもちろんですが、社長が自分で家賃を払っている場合は全く経費にならな...

 

【HMJのつぶやき】

昨日は1日自宅&事務所で事務作業。

 

【昨日の1日1新】

Alternote

Bear

Texwell