同調圧力は悪いことなのか

スポンサーリンク

同調圧力のいい面・悪い面、どちらも見えた緊急事態宣言期間でした。

Nakano park covid19

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

みんなもしないから、自分もしない

新型コロナウィルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、全国的に解除されました。(2020/05/26現在)

みんなが外出しないから、自分も外出しない。

結果的には同調圧力がとてもいい面に働いて、今回の緊急事態宣言の解除につながったのでしょう。

 

同調圧力の悪い面

例えば、ランドセル。

僕達の思い込みと同調圧力。タフでなければ自由に生きられない
例えば、ランドセル。これ、別にランドセルじゃなきゃダメって規則はないみたいです。ランドセル業界の陰謀?いや、どうもそうではないようです。みんなもそうだからという理由により、我々はランドセルを自らすすんで背負うのです。

小学生のカバンとして別にランドセルである必要はないのですが、ランドセルじゃないとつまらないツッコミを受けたり。

みんな違っていいはずなのに、お互い干渉し合い、窮屈になっていく。

それでもなかなかそんな風潮がなくなる気配はありません。

 

また、自粛警察なる用語を生み出した外出自粛時の極端な干渉も、同調圧力の悪い側面でしょう。

同調圧力は常にいい面・悪い面が表裏一体ということを実感した自粛期間でした。

 

自粛とは、自らすすんでおこなうもの

ネガティブな印象が強い、同調圧力。

緊急事態を乗り切ったように、いい方向に作用することもあります。

スポンサーリンク


日本が治安の良さを保っているのも、実はこの同調圧力だったりします。

でもそれを「必要悪」みたいな言葉で片付けてしまっていいものなのかどうなのか。

同調圧力で保たれる世界じゃなくて、もっとポジティブで優しい「チカラ」が台頭してくればいいなと夢想します。

俺も乗ってるんだからお前も乗れよな、満員電車。

そっちに戻らないことを祈るばかりです。

 

個人的には集会的なものへの参加はしばらく自粛するつもりです。

いろいろ悩ましいところも多いと思いますが、ポリシーとしてエイッと決めてしまうと楽です。いちいち思い悩まずにすむので。

 

【関連記事】

なぜ日本にはゴミが落ちていないのか
日本、きれいです。なぜ日本にはゴミが落ちていないのでしょうか?
親が先に酸素マスクを付ける
飛行機に乗ると必ず聞くことになるアナウンスの1つに、酸素マスクの説明があります。その中で、「お子様よりも先に自分のマスクを付けるよう」にという指示があるかと思うのですが、子育て中の今、その言葉を日々思い出しては実践しています。

 


 

【編集後記 〜税理士・前川秀和のつぶやき〜 】

昨日は仕事終えて夕方から公園へ。

ドラッグストアでジュースやアイスやお菓子を買わされるなど。

あと洗髪嫌いの次男に対する秘密兵器として、仮面ライダーゼロワンのシャンプーも購入。

 

【1日1新】

クーリッシュ カルピス

 

【長男と次男 〜9歳(2ヶ月)児と3歳(3ヶ月)児のマイブーム〜 】

長男:学校から出されたプリントがたまりにたまっています。。

次男:仮面ライダーゼロワンシャンプーで自らすすんで髪を洗ってくれた