税金

スポンサーリンク
税金

領収書に印紙が貼られていない!クレジットカードでの支払いのケース

税抜価格5万円以上なのに、印紙が貼られていない。実は、クレジットカードでの支払いについては、印紙は貼らなくてよいことになっています。
ベッドルーム起業

起業1年目と2年目の消費税が免除になる方法

起業1年目、起業2年目については、原則消費税は免除されますが、そうではないケースもあります。
会社

【法人】税金まわりの年間スケジュール

会社を設立すると、税金の申告・納付はもちろんのこと、税務署などへの各種書類の提出などが必要となります。 毎年のことではあるので、何年か会社経営を続けていれば慣れてはきますが、最初は戸惑うこともあるかも知れません。 事業年度が「1...
税金

意外と奥が深い印紙税〜契約書編〜

領収書だけでなく、契約書にも貼らなくてはいけない収入印紙。 領収書にかかる印紙税についての記事の続編として、今回は契約書にかかる印紙税についてみていきたいと思います。 印紙税を貼らなくてはいけない契約書3種類 印紙...
フリーランス・個人事業主

クレジットカードで税金の支払いができる!2017年1月4日からサービス開始

来年1月4日から所得税、法人税、消費税、贈与税など、ほとんどすべての国税について、クレジットカードでの納付が可能となります。 実際の支払いは、カード会社の振替日となるため、納税を納付期限よりも先に延ばす効果もあります。 また、カ...
フリーランス・個人事業主

法人化のメリットとそのタイミング

法人化とは、「法人成り(ほうじんなり)」ともいい、個人事業主が法人を設立し、これまでおこなっていた事業をその設立した法人に引き継ぐことをいいます。 個人事業主の法人化には、どのようなメリットがあるのでしょうか? また、法人化する...
税金

意外と奥が深い印紙税〜領収書編〜

印紙税とは、領収書や契約書に課税される税金のことをいいます。 領収書や契約書に収入印紙を貼ることにより、納税します。 課税の対象となる全20種類の文書については、次の印紙税額一覧表をご参照ください。 印紙税額の一覧...
税金

税金の支払いが遅れると罰金がかかる?!

税金の支払いが遅れると罰金がかかる? はい、かかります。 (少額の税金を1〜2日遅れた場合など、場合によっては取られないこともあります。) (↓新宿小田急百貨店にて。実物大のキャプテン・アメリカの盾が売っていました。) ...
フリーランス・個人事業主

【フリーランス・個人事業主】経費になる税金、ならない税金

今年も各種税金を支払ったことと思います。 その税金の中でも、経費になるもの・ならないものがあります。 経費にならない税金 次の税金は、全額経費になりません。 所得税 住民税 延滞税などの罰金的な税金 国...
フリーランス・個人事業主

【フリーランス・個人事業主】所得とは?所得税が課される所得、全10種類

所得税法においては、所得を次の10種類に区分しています。 利子所得 配当所得 不動産所得 事業所得(一般、農業) 給与所得 退職所得 山林所得 譲渡所得 一時所得 雑所得 ...
税金

【フリーランス・個人事業主】青色申告とは?青色申告制度の特典と、その特典を受けるための条件

独立・開業したら提出すべき書類の一つに、青色申告承認申請書があります。 この申請書を提出することにより、税金計算上、様々な特典が受けられます。 このような制度のことを、「青色申告制度」と言います。 必ず提出しなければならな...
税金

独立・開業当初、フリーランス・個人事業主にかかる税金とそのスケジュール

フリーランス・個人事業主が払わなければならない税金には、 どのようなものがあるでしょうか? 代表的なものは、以下の5つとなります。 所得税 住民税 事業税 消費税 源泉所得税 また、広...
税金

退職前に要検討!退職後の健康保険は、国民健康保険と任意継続ではどちらが得か?

住民税と国民年金保険料についてはコントロールの余地はありませんが、健康保険料については、「国民健康保険」と「任意継続」のどちらか一方を選択することができます。
税金

会社をやめたら国民健康保険と国民年金の手続きを

会社をやめて個人事業主になった場合、国民健康保険と国民年金への加入手続きを自分でしなければなりません。 (健康保険については、任意継続という選択肢もあります。保険料の額が変わってくるため、検討する必要があります。別途記事にした...
スポンサーリンク