添付ファイル付きメールをEvernoteに転送する

スポンサーリンク


領収書や請求書などのPDFファイルがメール添付で送られてきたときは、そのままEvernoteに転送すると楽です。

有料プラン限定の機能ですが、とても便利です。

Zo for evernote

Evernoteにメールを送る

メールを自分のEvernoteに転送し、Evernote内に保存することができます。

・Evernote転送用メールアドレスの調べ方

Evernoteには個別にメールアドレスが設定してあります。

Evernote転送用メールアドレスは、「アカウント情報」から確認できます。

『◯◯◯@m.evernote.com』というメールアドレスがそれです。

【Macの場合】

↓Evernoteアプリの左上にある「アカウント名」をクリックし出てくるメニューから、「アカウント情報」をクリック。

Evernote mail 3

↓「その他のアカウント設定」をクリックすると出てくる画面から、「メールの転送先」が確認できます。

Evernote mail

【iPhoneの場合】

Evernoteアプリの右下の「アカウント」をタップすると、↓の画面になります。

Evernote mail 2

「設定」をタップ→「Evernote転送用メールアドレス」をタップで確認できます。

・Evernoteにメールを転送する

このEvernote転送用メールアドレスにメールを転送するだけで、Evernoteに保存されます。

もちろん、添付ファイルも一緒に保存されます。

普通に転送すると、デフォルトのノートブックに1つのノートとして保存されます。

保存されるノートブックを指定したいときは、転送するメールの件名の最後に

  • 「@ノートブック名」

と記載すれば、そのノートブックに保存されます。

「領収書」というノートブックに保存したいのであれば、「@領収書」を件名の最後に記載すればOKです。

その他、タグ付けやリマインダーの設定も件名にプラスすることでできるのですが、個人的にはそこまでするのは手間で今は使っていません。

大事な情報は1箇所に集約

大事な情報は1箇所に集約すると便利です。

Evernoteのような信頼性があり使いやすいクラウドサービスに集約すれば、パソコン、スマートフォン、タブレットどこからでも情報を確認することができ、よりいっそう便利になります。

 

【HMJのつぶやき】

昨日は終日事務所。

ランチは久々に外食。

事務所近くのつけ麺屋さんに行ってみました。

ダイエット中ですが、値段が変わらないので当然大盛り(400g)にしました。

 

【昨日の1日1新】

つけ麺専門店 三田製麺所

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

スポンサーリンク