静寂がやってきた!ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン『Quietcomfort 35』

初めてノイズキャンセリングヘッドホンを手に入れました。

購入したのは、BOSE社の『Quietcomfort 35』という、ワイヤレスヘッドホンです。

ヘッドホンを装着し、スイッチを入れた瞬間に静寂がおとずれます。その体験は感動的ですらあります。

Quietcomfort35 1

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

ノイズキャンセリングとは

ノイズキャンセリング機能とは、外部のノイズとは逆の信号を発信して、ノイズを打ち消す機能のことをいいます。

音楽を聞いていない状態でも、ヘッドホンは信号を出し続け、外部のノイズを打ち消し続けます。

オフィスで使用していると、ヘッドホンを外した瞬間、空調のうるささに驚きます。

『Quietcomfort 35』の仕様

バッテリーの持ちは?

ワイヤレスヘッドホンなので、充電は必要です。しかし、最大20時間の再生可能をうたっています。仮にバッテリーが切れたとしても、ケーブルでの使用が可能です。ただし、その際は、ノイズキャンセリング機能は使えなくなります。

↓付属のUSBケーブルで充電します。

Quietcomfort35 7

ワイヤレス!

NFCまたはBluetoothで、PCやスマートフォンと接続可能です。ケーブルがないのは、本当に快適!

同時に2台のデバイスに接続できます。

電話に出ることはできるのか?

スマートフォンでの電話のほか、Skypeなどにも対応可能です。ハンズフリーでの通話が可能です。

かかってきた電話などには、ヘッドホン右側にあるスイッチを押して出ます。ヘッドホンでの操作で通話に出ないと、ハンズフリーでの通話はできないようです。

先日iPhone本体の操作で電話を取った際、ヘッドホン使用中であったにもかかわらず、ハンズフリー通話はできませんでした。仕方なくiPhone本体で通話しました。

音声ガイダンス

ヘッドホンのスイッチを入れると、音声ガイドでどのデバイスと繋がったか教えてくれます。

デフォルトでは、英語と中国語(?)になっていますが、専用のスマートフォンアプリで日本語の音声ガイドに変更できます。

『Quietcomfort 35』の付属物など

ヘッドホン本体のほか、

  • 充電用USBケーブル
  • 音声ケーブル
  • ケース

などが付いてきます。

また↓こんなものも。機内用のアダプターです。

Quietcomfort35 5

Quietcomfort35 6

↓ケースはこんな感じ。

Quietcomfort35 2

Quietcomfort35 3

↓ケース内側のほかに、外側にもポケットがあります。大きさの比較のため、ボールペンを突っ込んでみました。

Quietcomfort35 4

最後に

『Quietcomfort 35』、もちろん、音も最高です。

音楽聴いてもよし、音楽を流さず静寂の中、仕事や勉強に集中してもよし。

安くはないですが、感動できます。

音楽、子育て、特撮税理士。
独立・起業・スモールビジネス、ベッドルームから始めよう。
あなたが好きなことを続けていくために、その勇気と情熱をサポートします。

スポンサーリンク