子供がiPadを安全に使うために。子供用のApple IDを作成して管理する

スポンサーリンク

子ども(13歳未満)にiPadを与えているなら、子ども用のApple IDをつくって、ファミリー共有で管理(ペアレントコントロール)しましょう。

Family sharing 1

(↑これはパパのiPad Pro)

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

ファミリー共有で何ができるのか?

iPadを使うにはApple IDが必要となります。

小さい子どもにiPadを使わせる場合も当然Apple IDが必要。

かといって、自分のApple IDを登録したiPadを使わせるのはちょっと。。。

そんなときは、子どものApple IDをつくって、ファミリー共有で自分の支配下(ペアレントコントロール!)におきましょう。

自身のMacやiPhoneから、子ども(13歳未満に限る)のApple IDがつくれます。

ファミリー共有でできること

ファミリー共有では、

  • 同じ音楽、映画、Appなどにアクセス可能
  • 子どもが使うiPadなどからアクセスできるコンテンツを制限(ペアレントコントロール

などが可能です。

 

子どものApple IDを登録してファミリー共有を使う

Family sharing 2

ファミリー共有を使うべく、子どものApple IDを登録してみましょう。

自身のiPhoneやMacから登録できます。

iPhoneでの登録方法

  1. 「設定」をタップ、一番上に表示されているユーザ名(自分の名前)をタップ
  2. 「ファミリー共有」→「ファミリーメンバーを追加」→「お子様用アカウントを作成」
  3. 「お子様のApple IDを作成する」という画面になったら、「次へ」をタップ
  4. 誕生日を入力し、「次へ」
  5. 保護者プライバシー同意書に「同意する」
  6. 登録しているクレジットカードのセキュリティコードを入力
  7. 子どもの名前、メール(Apple ID)、パスワードを入力
  8. 秘密の質問を3つ設定
  9. 「承認と購入のリクエスト」をオンにする
  10. 利用規約に「同意する」

で登録終了です。

スポンサーリンク


登録完了のメールが届きます。

Macでの登録方法

  1. 「システム環境設定」→「ファミリー共有」、「+」ボタンをクリック(カーソルを「+」ボタンの上に置くと、「ファミリーメンバーの追加」と表示されます)
  2. 「アカウントを持っていないお子様用にApple IDを作成」にチェック→「続ける」
  3. 登録しているクレジットカードのセキュリティコードを入力
  4. 子どもの情報を入力
  5. 秘密の質問3つ設定
  6. 利用規約に「同意」
  7. 自分のアカウントのパスワード入力が求められ、入力すれば完了

で登録終了です。(macOS Catalinaの場合)

登録完了のメールが届きます。

 

管理してみる

ペアレントコントロールは、自分のiPhoneから

  1. 「設定」→「スクリーンタイム」
  2. 「ファミリー」に表示されているお子様の名前をタップ

で設定することができます。

まずは子どもが使っているiPadをApple IDでログインし、ペアレントコントロールを設定してみましょう。

  • 休止時間(何時から何時まで画面を見れないように設定できる)
  • アプリの使用時間制限

などの制限が可能です。

 

ペアレントゥ・コントゥロールゥ!チャオ!

 


 

【編集後記 〜税理士・前川秀和のつぶやき〜 】

昨日は確定申告業務。また、新規のお客様をご紹介いただくなど。

次男と近所を少し散歩。車でどこかに出かけたがっていましたが、なだめて帰宅。

 

【1日1新】

とある約束

 

【長男と次男 〜9歳(1ヶ月)児と3歳(2ヶ月)児のマイブーム〜 】

長男:読書(ドラえもんの勉強本。ママが買い与えたものにまんまとハマっている)

次男:なんで?なんで?が止まらない