褒めすぎず、褒めなさすぎず、「正当な評価」をする

スポンサーリンク

ちょっと褒めすぎたけど、まさか真に受けてないよね?

かなり謙遜して自分を卑下したけど、まさか真に受けてないよね?

 

・・・相手が真に受けてる可能性、充分あります。

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

Painting red world

(↑うちの子たちは絵が上手いなぁ!)

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

誤解を解く機会はもうないかも知れない

年下の若者との会話において、「今流行の何か」について、本当は詳しいくせにあえてそんなに詳しくないフリをする。

「そこまで知ってるなんて、結構詳しいじゃないですか!」みたいな切り返しを求めてたけど、そのままツッコまれることもなく、「今流行の何か」についてあまり詳しくないオジサンとして、認定されてしまった。。。

 

違うんだ、僕はそういう人間じゃないんだ・・・と心の中で叫ぶも時すでに遅し。きっとその誤解を解くチャンスが訪れることは、もうないかも知れない。

 

チクショー!年下の若者め!

僕はオジサンじゃない!年上の若者だ!本当は「今流行の何か」にすごい詳しいんだぞ!

「正当な評価」をしよう

自分を卑下しすぎたり・・・

相手を褒め過ぎたり・・・

 

その言葉どおりに取られてしまって、取り返しのつかない状況になるくらいなら、嘘はつかないほうがいいでしょう。

相手のいいところを見つけたら、大袈裟に褒めるんじゃなくて、正当な評価をしてそれを伝える。

自分のことを伝えるときも、ときにはハッタリが必要な場面もありますが、少なくとも卑下せず謙遜し過ぎず、自分による自分の「正当な評価」を伝えるべきです。

「正当な評価」とは

正当な評価とは何でしょう?

まあ、客観的な評価ということなのでしょう。

 

「俺は全然正当な評価を受けてない!」という人に、お世辞のオンパレードを浴びせまくったら、「ようやく俺も正当な評価を受けることができた」なんてなることもあるので、客観的になるのは結構難易度的には高いものではあります。

子供の特性に合わせて「褒め」の強度を上げたり下げたりする

子供は褒めて育てよう。

叱ってばかりよりは、絶対そっちのほうがいい。

 

ただ、こちらも子供の反応が楽しいので、おだてまくってしまうことがあります。

 

それぞれの性格や特性にもよりますが、真に受けすぎてしまう子においては、おだてまくりは少し危険なのかなと思っています。

そんな子には、やっぱり「正当な評価」が大事になってくるでしょう。

 

もちろん、褒めて調子に乗らせて一緒に盛り上がりたい場面もあるので、場面場面で「褒め」の強度を強めたり弱めたりしながら、遊んだり、勉強をみてあげたりの必要はあります。

あくまで、「褒め」の強度の上げ下げです。

「叱り」の強度の上げ下げは不要です。どういうことかというと、「叱り」自体、本当は必要ない。僕はそう思っています。

なぜなら、「叱り」の原因のほとんどは、大人のイライラだからです。

 


 

【編集後記 〜税理士・前川秀和のつぶやき〜 】

昨日は、ランニング4km、打ち合わせ2件。

久々のランニングで心地よく疲れ、また、嬉しい出会いもあり、とてもいい日になりました。

 

【1日1新】

上島珈琲店広尾店

 

【昨日の長男と次男 〜8歳児と2歳児のマイブーム〜 】

長男:なんかのゲームでラスボス倒せないと言ってキレる若者
次男:パプリカ(振り付き)

しかし、パプリカは子供たちみんな歌って踊ってますね。