やる気スイッチが入らない・・・

やる気が出ないときは、やる気が出るまでダラダラしてるのが一番ですが、それだと僕の場合、平気で10年間くらいダラダラしてしまうので、なんらかのトリガーが必要です。

Trigger

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

やる気が出ない・・・

やる気を引き起こすための引き金、英語で言うと、トリガー。

ヒート!トリガー!

気分を上げるには、やはり、本を読んだり、映画を観たり、音楽を聴いたりが効果があります。

とっても健全な合法的ドーピングです。

本を読む。

上げなきゃいけないのは、仕事に対するモチベーションでしょうから、ここはビジネス書の出番です。

Amazonの電子書籍読み放題サービス『Kindle Unlimited』で、著名な起業家の本など適当な本を読み漁る。

斜め読みで全然OK。

初めての登録であれば、1ヶ月無料。

また、読書は最もコスパのいい勉強法でもあります。

映画を観る。

映画の世界観に入り込むことによる現実逃避の結果、やる気に満ち溢れた経験は数知れず。

できれば映画館がいいでしょう。集中して映画を観れる環境なので、観終わったあとの全能感はハンパないものになるはず。

家で観るなら、ネット配信で起業家成功物語的な映画でも。

スポンサーリンク

ちなみに、僕の10代20代の頃の現実逃避映画は、ロードムービー的なものでした。

音楽を聴く。

イヤホンして街なかで聴く音楽は最高です。

聴いていると、なんだか自分が強くなった気さえします。

つい先日も、歩きながらiPhone+Spotifyで音楽聴いてて、妙にハマったことがありました。

「ウォー、やるぞぉ!」って気分になって、無性に曲がつくりたくなりました。(違う方向のやる気が出てる・・・)

余談ですが、マッサージでもしてもらってから仕事しようと、60分2,980円(税抜)のマッサージ店に行ったことがありました。でも、ダメですね、終わった後なんだかポーっとしちゃって。

マッサージを受けたら、そのあとはお昼寝でもして、1日のんびり過ごすのが正解のようです。


【さんプラーザ前川くんのつぶやき】

昨日は夕方からお付き合いで新宿の物産展に行き、その後中野で懇親会でした。

【1日1新】

ダンダダン酒場 中野店(ランチ)

のみどころ 力

Japanese SAKE stand 金魚

【長男(8歳)のマイブーム】

マリオのハンカチ

【次男(2歳)のマイブーム】

ピタゴラスイッチの音楽でダンス

スポンサーリンク

スポンサーリンク