自宅で仕事するのに本当に必要なものは?

スポンサーリンク

もともと自宅で仕事をしている人、最近テレワークとなった人、いずれにせよ「自宅オフィス」と言い切ってもいいのではないでしょうか。

自宅で仕事をする際、あってよかったと思えたものが次の3つでした。

Home office gadget 4

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

パワフルなPC(ラップトップ)

大は小を兼ねる。

15インチのMacBook Proを使っています。ストレスフリーです。

Windowsのソフトウェアを使用するためにParallels Desktopを常に走らせていますが、快適に使えています。

スペックとしては、

  • 15.4インチ
  • 2.6GHz 6コアIntel Core i7
  • Retinaディスプレイ
  • 16GB 2,400MHz DDR4オンボードメモリ
  • 256GB SSD

と、こんな感じ。

現行(2020/04/20現在)の16インチMacBook Pro発売を待っていましたが、噂されてた日にその発表がなかったため、Appleの整備済製品をポチってしまいました。

Macを安く買いたいなら、整備済製品をねらおう
購入から2年のMacBook Air(11インチ)、Wi-Fiが繋がりにくい場面が何度もあり、SMCリセットやPRAMクリアを含めいろいろ試すも安定せず。 こうなるとやはり早めに買い替えたほうが得策でしょう。

MacBook Pro15インチ購入直前は、MacBookとSurface Laptop13インチの両刀遣いでした。

  • 2台持ちで荷物が重い
  • PC間を行ったり来たりの作業が面倒

といった理由から、1台で事足りるパワフルなMacに憧れていました。

重さについては、MacBook Pro15インチが1.83kg、MacBookとSurface Laptop13インチの総重量が約2.19kgと、大幅な減量ではありませんでしたが、移動がなくなった今、あまり気にする必要のない問題となってしまいました。

マウスやテンキーなどの付属的なアイテムは使っていないので、机の上もシンプルですし、膝上で作業したりするのも普段と変わらずなので不自由しません。

 

デュアルディスプレイ(マルチモニター)

モニタの面積が広ければ広いほど、当然情報量は多くなります。

外部モニタを設置して、デュアルディスプレイにしています。

 

と同時に、非力なPCの存在価値やノーモニタの可能性についても考えていきたい、なんて思ったりして。

スポンサーリンク


トランプの大富豪(またの名を、大貧民)というゲームにおける「革命」が、リアル社会においても容易に起きることがわかったので、逆の可能性も常に意識していたいなと思っています。

 

家の中における複数の仕事場所

行き詰まったら、自宅内で場所を変えましょう。気分転換になります。

ときには、子どもが視界に入る場所への移動も必要でしょう。

 

仕事部屋以外で仕事をする際のお気に入りガジェット

・IKEAのラップトップサポート

Home office gadget 2

直接膝の上に置くより、安定性抜群。

もし股間に電磁波があたるのを気にするのであれば、なおさら有用でしょう。

(↓こちらは裏面、太ももに直接当たる方です)

Home office gadget 3

 

・アウトドア用の椅子

リーズナブルなのに座り心地抜群。快適です。

耐久性については抜群とは言えませんが、値段を考えると充分すぎると言っていいと思います。

Home office gadget 1

長瀞でバーベキューするにあたって買ったのですが、ソファを断舎離してしまった今では、すごく助かっています。

長瀞でデイキャンプ!またの名を日帰りバーベキュー
先日、長瀞でデイキャンプを楽しんできました。

 

自宅以外のプライベート空間としては、車の中も可能性あると思います。

 


 

【編集後記 〜税理士・前川秀和のつぶやき〜 】

昨日はオフ。晴れたので家族で近くの公園へ。

 

【1日1新】

初めての公園

 

【長男と次男 〜9歳(1ヶ月)児と3歳(2ヶ月)児のマイブーム〜 】

長男:公園で読書

次男:仮面ライダーフォーゼのドライバーを欲しがっている(変身シーンをマネていた)