地方都市での飲み方〜初めての運転代行体験記〜

帰省中の水戸で友人と居酒屋に行った際、初めて「運転代行」を体験しました。

Cart steering wheel

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

車で飲みに行く

東京では考えられないのですが、地方都市である水戸では、車で飲みに行くのはわりと普通です。

もちろん、飲酒運転はいけないわけですから、そこで登場するのが「運転代行」。

先日、初体験しました。

友人が車で迎えに来てくれた

高校卒業後は、東京へ来てしまったため、水戸で友達と飲んだりなんてことがあまりなく、運転代行も未経験。

友人を誘うと、なんと車で迎えに来てくれるというではありませんか!

とうとう、僕も運転代行とやらを体験できるのかとワクワクです。

そして、約束の時間に、友人は車で迎えに来てくれました。

その後の流れは、

  1. 飲食店が入っているビルの駐車場に入庫
  2. 飲食店に入店
  3. 飲食・会話・マグロの解体ショーを楽しむ
  4. そろそろ帰りますかー
  5. 友人、携帯電話で運転代行を依頼
  6. 駐車場に行くと、運転代行のドライバーさん2人が軽自動車でやって来ていた
  7. 友人の車に乗り込む。運転は運転代行のドライバーさん
  8. 無事帰宅

といった感じです。

地方都市での飲み会の流れ

水戸は車社会です。

というか、東京以外は車社会と言っても過言ではないかも。

スポンサーリンク

飲酒を伴う食事会(要するに、飲み会)に行く場合、

  • 家族に送迎をお願いする
  • 家族に送っていってもらって、帰りはタクシー
  • 頑張って本数が少ないバスや電車で行って、帰りはタクシーか家族に迎えに来てもらう(夜は早々にバスも電車も終わってしまっている)
  • 行きも帰りもタクシー
  • 車で行って、帰りは運転代行
  • 気合を入れて徒歩

などの方法がありますが、その手軽さからか、運転代行の使用率は高いようです。

友人にも、会社の飲み会があった場合の飲食店への行き方を聞いてみました。

全員が車で行くというよりは、メンバーのうちの誰か1名ないし何名かが車を出して、その車に分乗して目的の飲食店へ向かう、というのがよくあるパターンのようです。

運転代行は案外リーズナブル!?

水戸ではということになりますが、運転代行、料金は距離でカウントされるものがほとんどという印象でした。

一般的な感じだと、

  • 最初の3kmが1,400円
  • 以後1kmごとに200円

といった料金体系になります。

ドライバーさんが2人でやって来ることを考えると、決して高くはないと思います。

K君いろいろありがとう!


【さんプラーザ前川くんのつぶやき】

昨日は打ち合わせ1件。夜は高校の同級生と会うなど。

【1日1新】

大衆酒場コグマヤ

【長男(8歳)のマイブーム】

すぐにググれと言ってくる

【次男(2歳)のマイブーム】

SASUKE『インフルエンザー』

スポンサーリンク

スポンサーリンク