仕事術

スポンサーリンク
ガジェット

メモはデジタルとアナログで。1つのアプリと1冊のノートを用意しよう

メモ魔なくらいでちょうどいい。 加齢による記憶力低下が気になる人も、若者も、それは同じ。メモ魔なくらいでちょうどいい。 デジタルとアナログ メモするアイテムとして、アナログとデジタル、どちらもあるといいかなと。 これは好みもある...
ガジェット

ディスプレイ・モニターの底上げは本当に快適なのか。PCスタンドで底上げしてみた

ラップトップPCやモニター・ディスプレイの底上げ。本当に快適なのか? 自宅仕事に完全シフトした今、負担のない仕事環境を構築するため、試してみることにしました。 IKEAのスタンドでモニターを底上げ 首が凝る・・・ というわけで、...
Work

時間節約術としての「あらかじめ決めておく」

悩んでいる時間が一番もったいない。「あらかじめ決めておく」ことで解決できる事柄は多いです。 あらかじめ「パッと帰る」と決めておく 会合が終わってからのグダグダが嫌いです。 でも、なんか先に帰ったら悪いかなぁ〜と思って、なかなか帰れ...
Work

仕事をするのにモチベーションを無理に高めてはいけない

仕事するのに気合いはいらない。大事な気合い(もしくは気合い的なもの)は、本当に必要なとき(趣味とか遊びとか)のために取っておきましょう。 なかなか取りかかれない病 例えば、領収書を会計ソフトに入力するとか、食器を洗うでも掃除する洗濯...
Work

マッサージで何も言えない・・・。言わなきゃいけないときと察して欲しいときの使い分けについて

「なんも言えねぇ・・・」は、とあるスポーツ選手のおもしろ名言ですが、僕もそれとはまったく異なるシチュエーションではありますが、なんも言えねぇ・・・ マッサージでの強さ加減、なぜ僕はリクエストできないのか マッサージに行くと、マッサー...
Work

締め切り間際に慌て出さないために

仕事は、早め早めに取りかかり、ためない。 それができないと、仕事自体が苦痛でしかなくなってしまいます。 自分への戒めとして書きます。 今でしょ。 いつやるの? と聞かれたら、きっとそう答えてしまうでしょう。 ...
レベルアップ!

スケジュールをたてる前にわかっておいたほうがいいこと

予定通りに終わらせたい。予定の精度を高めたい。 それならまずは自分を知ろう。 (↑中野サンプラザのカレンダー) 予定時間内に終わることはほとんどなかった 仕事を始める前に、その仕事がどのくらいで終わるのか予定を立てる...
ガジェット

Macの電卓(計算機)をスマートに使う方法

荷物が1個減ります。 Mac(ラップトップ)をお使いであれば、電卓・計算機アプリを利用して、モノとしての電卓を持ち歩くのをやめましょう。 ※MacBook Pro15インチを前提に記事を書いています。 Macの電卓を使う M...
Work

いつでもどこでも仕事ができるようにしておいても、いつでもどこでも仕事はしない

いつでもどこでも仕事ができるように準備をしておく。でも、いつでもどこでも仕事するわけじゃなく、遊ぶときは思いっきり遊びたいものです。 いつでもどこでも仕事ができるようにするために ノートパソコンを持ち歩く...
ガジェット

Google翻訳ウェブ版のちょっと便利な使い方

Google翻訳、ブログのURLを決めるときとか、写真のファイル名を決めるときとか、何かと毎日使っています。 コピーボタンが案外楽チン Web版のGoogle翻訳の画面です。 赤丸のところをクリックすると、翻訳されたテキス...
Work

スモールビジネスのためのコンビニ活用術

コンビニエンスストア、略してコンビニ。 もはや我々の生活に無くてはならないものです。 そして、スモールビジネスを営むものにとっても、それは同じです。 プリンタを捨てよ、町へ出よう ペーパレス化を目指し、日々実...
Work

メールに時間をかけないために、今からできる3つのこと

当初見積もった時間以上に、メールに時間をとられてしまっていることが多々あります。 たいしたやり取りしてるわけでもないのに、なんか時間がもったいないよな〜、、、 というわけで、『仕事が速い人はどんなメールを書いているのか』を手にと...
ガジェット

添付ファイル付きメールをEvernoteに転送する

領収書や請求書などのPDFファイルがメール添付で送られてきたときは、そのままEvernoteに転送すると楽です。 有料プラン限定の機能ですが、とても便利です。 Evernoteにメールを送る メールを自分のEvernote...
ライフスタイル

南の島のビーチでも『ひとり税理士のIT仕事術』なら仕事ができる

ソファで『ひとり税理士のIT仕事術』をパラパラしていると、6歳の息子が「あ、ヤシの木だ!」と、本の表紙に食いつきました。 「ヤシの木の下で、パパがリュックからパソコンを取り出して仕事してるってわけね!」と息子。 そのとおり! ...
スポンサーリンク