損金(そんきん)とは?

スポンサーリンク


損金」、読み方は「そんきん」です。

会社の節税の話しになると、「損金算入(そんきんさんにゅう)」なんて言葉をよく耳にすると思います。

Cirrocumulus

そんきんとは?

「損金」は、法人税の専門用語です。

法人税における経費のことをいいます。

その決算書における経費と、法人税法における経費では少し異なります。

決算書では認められても、法人税法では認められない経費があったりするのです。

そのため、両者を区別し、法人税では「損金」といっています。

損金算入と損金不算入

決算書では経費でも、法人税法上、損金でなければ、節税にはなりません。

・損金算入

損金算入、「そんきんさんにゅう」と読みます。

損金として計上するという意味です。

損金算入すればするほど法人税における利益は小さくなり、税金も安くなります。

・損金不算入

損金不算入、「そんきんふさんにゅう」と読みます。

損金として計上できないという意味です。

決算書では経費でも、法人税法上は損金にならないものがあります。

代表的なものとしては、交際費なんかがあげられます。

ちなみに・・・

損金の反対は、「益金(えききん)」といいます。

会計と法人税法では、その目的が違います。

  • 会計は、株主などに対して会社の業績を正しく報告するため。
  • 法人税法は、税金を公平に正しく計算するため。

よって、収入・費用の概念も異なってくるというわけです。

 

【HMJのつぶやき】

昨日は事務所→鷺ノ宮→弥生町。

自宅にあるCanonの複合機よりも、iPhoneのScannableの方がキレイにスキャンできることが分かり、ちょっとショックでした。

 

【昨日の1日1新】

クラウドサイン

Square

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

スポンサーリンク