freeeで経費の一部を家事関連費にする方法【フリーランスの確定申告】

スポンサーリンク

クラウド会計ソフト『freee』で、経費の一部を家事関連費(プライベートな経費)にする方法を解説します。

 

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

家事関連費とは?

家事関連費とは、事業以外で使ったプライベートな支出のことをいいます。

例えば、僕の例で言うと、あるとき実家のある水戸に帰省したとします。

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

でも、半分は仕事をかねています。そして、半分はプライベートな帰省。

そういった場合、水戸までの交通費は、

  • 半分が仕事にかかった経費
  • 半分がプライベートな支出

ということになるでしょう。

freeeなどのクラウド会計ソフトで自動取り込みされた交通費、この中には、仕事上の経費部分もプライベートな支出部分も含まれていることになります。

なので、そこからプライベートな部分(家事関連費)を抜き出して、事業の損益の計算からは除外しなければならないのです。

 

『freee』なら家事関連費のあん分も自動化できる

freeeなら経費の一部を家事関連費に自動で振り分けることができます。

ただし、そのためには、あん分する割合などを事前に登録する必要があります。

そのやり方については、freeeのヘルプセンターを参照していただくとして、今回は1つ1つの取引を家事関連費として登録していくやり方をご紹介します。

 

あえて1つ1つ処理するやり方

例えば、この東京から水戸までの特急料金3,430円。

事業部分:50%、家事関連費(プライベート):50%だったとします。

Freee kajikanren 1

スポンサーリンク


 

↓「+行を追加」ボタンを押して、行を追加します。そして、赤枠で囲んだ部分に・・・

Freee kajikanren 2

 

↓・・・赤枠で囲んだ部分に、それぞれ「事業主貸」、金額は50%と50%なので、半分ずつの「1,715円」と入力します。

この「事業主貸」というのが、家事関連費(プライベート)として経費には入れない部分となります。

Freee kajikanren 3

ちなみに、この「事業主貸(じぎょうぬしかし)」、似たような勘定科目に「事業主借(じぎょうぬしかり)」というものがあります。

この2つ、性質的には同じものなので、「事業主貸」のかわりに「事業主借」で入力してもらってもOKです。

 

↓保存して完了!

Freee kajikanren 4

 


 

【さんプラーザ前川くんのつぶやき】

昨日は、午前中風邪の長男を病院へ連れて行き、その後事務所。

 

【1日1新】

近所の建売住宅を見学(完全にひやかしです)

 

【長男(7歳)のマイブーム】

アイロンビーズ

 

【次男(1歳11ヶ月)のマイブーム】

お風呂に入れると色が変わるトラックのミニカー