PayPalと連携した場合のfreee側での処理方法〜経費編〜

スポンサーリンク

クレジットカード決済サービスである『PayPal』と連携した場合の、クラウド会計ソフト『freee』側での処理方法の解説です。

今回は、経費の処理についてです。

Card paypal freee

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

 

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

PayPalとは

PayPal(ペイパル)とは、オンライン決済サービスです。

PayPalを通して決済することにより、相手方にこちらのカード情報を公開することなく決済ができます。

それが、PayPalが「安全」をうたっている理由の1つです。

また、PayPalを利用することにより、売り手としてクレジットカード決済を導入することもできます。

・PayPalをfreeeと連携した場合の処理は少しわかりにくい

PayPalはクレジットカード決済だけでなく、自分のPayPalアカウントに残高がある場合にはそこから支払うこともできます。

チャージして使う電子マネーのようなものとイメージするとわかりやすいでしょう。

なので、PayPalをfreeeと連携すると口座して認識し、しかも重複する取引が出てくるため、freee側での処理には注意が必要です。

 

ちなみに日本ではPayPalに自分で入金して残高を増やすことはできません。売り手として決済した金額がある場合にのみ残高が増えることになるます。

 

PayPalアカウントをとおして、クレジットカードで代金を支払った場合の処理

PayPalアカウント(無料でつくれます)を使って支払いをした場合のfreeeでの処理方法です。

  1. freeeでPayPal口座を開きます
  2. 該当する取引が複数出てきているはずです
  3. まずは、『支払い』または『Purchase』とあるものを経費として登録します
  4. 『その他(Transfer) Credit Card ID:☓☓』を「口座振替・カード引落し」タグから、クレジットカード口座からの入金として処理します(例:「振替元:セゾンカード → 振替先:PayPal」と登録します)
  5. freeeでクレジットカード口座を開きます
  6. 該当するPayPalでの取引をクリック
  7. 「無視」ボタンをクリック

以上で登録完了です。

 

イメージで言うと、

  1. PayPal口座にクレジットカード口座から商品の代金分をチャージ(入金)し、
  2. PayPal口座から商品の代金を支払う

といった感じでしょうか。

 

1の「クレジットカードからPayPalに入金」部分の取引がダブるため、「無視」という処理をすることになります。

 

PayPal残高から支払った場合の処理

売り手としてもPayPalを使い、PayPal残高から支払いをした場合のfreeeでの処理方法です。

  1. freeeでPayPal口座を開きます
  2. 『支払い』または『Purchase』とあるものを経費として登録します
  3. 該当する取引が複数取り込まれている場合は、2以外のものを「無視」します(「無視」ボタンをクリック)

 

【関連記事】

PayPalと連携した場合のfreee側での処理方法〜売上編〜
クレジットカード決済サービスである『PayPal』と連携した場合の、クラウド会計ソフト『freee』側での処理方法の解説です。 今回は、『PayPalと連携した場合のfreee側での処理方法〜経費編〜』に続き、自分が売り手側だった場合の処理についてです。

 


 

【HMJのつぶやき】

先日、新規のお客様から電話がありました。

近くにいるらしく、30分後に事務所に来ていただくことにしました。

しかし、待てど暮らせどお見えにならず。電話を掛けなおしても出ず。

約束の時間を2時間過ぎた頃、ようやく連絡をいただきました。

結局近所の税理士にお願いすることにしたとのことでした。

私の予想ですが、30分間待つことができず、他の税理士に連絡を取ったのではないかと。

まあ、連絡いただけただけよかったです。

 

【昨日の1日1新】

石井スポーツ吉祥寺店

仮面ライダーアマゾンズ

仮面ライダービルド ボトルチェンジライダーシリーズ 01仮面ライダービルド ラビットタンクフォーム

↓ビルドのアクションフィギュア、なかなかできがいいです!