PCまわりのトラブルは一旦置いといて他の作業に取り掛かるべき。MarsEdit4からWordPressに記事をアップできなくなった件

MarsEdit 3からMarsEdit 4にアップデートし、しばらくはそのまま快適に使えていました。

が、無料お試し期間が過ぎ、有料アップデートしたタイミングで、なぜがMarsEdit 4からWordPressに記事をアップできなくなってしまいました。

ちなみに今はなおっています。

Rocket tsukuba

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

何度も何度もパスワードを入れるもはじかれる

MarsEdit 4で記事をアップしようとすると、パスワードを求められました。

そして、パスワードを入力。

しかし、また聞かれます。

パスワードは間違っていないはずなのに、これを何度も何度もくり返しました。

(この何度も何度もくり返したのがよくなかったのかも)

二段階認証の設定をしていたことを思い出す

パスワードは間違っていないはずなのに・・・

と思っていたのですが、実は間違っていました!

二段階認証の設定をしていたため、通常のパスワードではダメなことを思い出しました。

『Google Authenticator』というプラグインを使い、二段階認証の設定をしていたため、MarsEdit 4に入力すべきパスワードは通常のログインパスワードやiPhoneアプリの『Authenticator』で作られるパスワードは使えないのです。

MarsEdit 4を使うためには、WordPress上の「Google Authenticator Settings」でパスワードを作る必要があります。

Wordpress password

「Google Authenticator Settings」は、「ユーザー」→「あなたのプロフィール」にあります。

  1. 「Enable App password」にチェックを入れ、
  2. 「Create new password」ボタンをクリックすると、
  3. MarsEdit 4に入力すべきパスワードが作られます。

「XXXX XXXX XXXX XXXX」部分がそのパスワードです。

(このページにとどまっている限りは文字が見えています)

このページの最下部にある「プロフィールを更新」ボタンをクリックしてから、このパスワードをMarsEdit 4に入力すればOKです。

OKのはずでした・・・・

「XXXX」と「XXXX」の間のスペースを取り払ったり、あえてそのままスペースが入ったままにしたりして、何度も何度も入力しました。

でもダメでした・・・

スポンサーリンク

・その他にやったこと

その他にやったことを一応列挙しておきます。

  • Macの再起動
  • 二段階認証をオフ(『Google Authenticator』を無効化)
  • MarsEdit 4の設定を確認
  • レンタルサーバの設定を確認

結局なおった方法とは?

結局自宅から事務所に場所を変えて、ポチッとアップロードしてみたら、あっさりできました。

パスワードすら求められませんでした。

キーチェーンに保管されているどれかのパスワードが作用したのでしょう。

・今回の反省点

反省点としては、この件にかかりきりになってしまったこと。

ある程度対処してダメなら

  • 少し寝かせてみる
  • 一旦忘れて他のことをする

くらいの気持ちの切替は必要でした。

原因究明はできていませんが、今は快適にMarsEdit 4を使えています。

MarsEdit 4

無料
(2018.01.06時点)
posted with ポチレバ

【HMJのつぶやき】

ランニングシューズを車に置き忘れてしまったため、昨晩は普段履きの適当なニューバランスのスニーカーで走ることに。

ところが、これがいつものランニングシューズよりも足に負担がかからないではありませんか!

あのシューズ、自分に合ってなかったんだなぁ・・・

【昨日の1日1新】

杉永かまぼこ

スポンサーリンク

スポンサーリンク