初めて食べて感動した食べ物 フランス料理編

親が私たち兄弟に体験させたかったのでしょう、小学生だったある日、家族でフレンチレストランに行きました。

そのレストランは当時、水戸京成ホテルの最上階にありました。

(水戸京成ホテルは健在ですが、そのレストランは今はもうありません。)

French cuisine

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

貸切状態のレストラン

レストランの名前は覚えていません。

高級なレストランだったのかどうかもわかりません。

いずれにせよ、初めてのフランス料理フルコースでした。

早い時間だったせいか、お客さんは我々家族4人だけ。

なのに、ピアノの生演奏をしてくれてました。申し訳ない・・・

水戸駅前の高台にあるホテルなので、11階建てとはいえ、なかなかの見晴らしです。

遠くに小さく見える我が家を見つけ、私は楽しい気分のウキウキウェイクミーアップでした。

しかし、弟は違ったようです。

とても緊張していたようで、家に帰ると「フランス料理はもう絶対行かない!」と軽く怒っていました。

そんなわけで、このレストランに行ったのはこの時が最初で最後でした。

オーダーに感動!

食事の内容は細かくは覚えていません。

エスカルゴはこのとき初めて食べました。

フランス料理といえば、エスカルゴ。

父が事前に散々「エスカルゴはカタツムリなんだ」と我々兄弟をおどかしていたのですが、美味しく食べることができたのを覚えています。

食事自体にも感動したのですが、一番感動したのはオーダー時のやり取りです。

スポンサーリンク

コースのスープは生クリーム系のものだったのですが、牛乳嫌いの私は飲めません。

そこで、代わりに私だけコースのスープをコンソメスープにチェンジしていただけたのです。

今となっては珍しいことではないのかも知れませんが、小学生だった私は、そのはからいにいたく感動したのでした。

そしてそれ以来、コンソメスープが大好物になりました。

最後に

メニューに少しだけ融通がきくよう余裕を持たせるのも、お客さんの満足度につながると思います。

小学生だった人がかれこれ30年以上、覚えているわけですから。

フランス料理はバターをふんだんに使うので、大好き!というわけではないのですが、レストランでコースをいただくのは、特別感があって好きです。

おめかししたり、背筋を伸ばして食事をしたり、品良く食べ物をお口まで運んだり、たまにはそういうのもいいですよね。

【HMJのつぶやき】

桜の鑑賞方法としては、桜並木をドライブするのが一番迫力あると思います。

さて、話は変わりますが、ベビーバスは生後1ヶ月しか持たないんですね。もったいない。

よくベビーバスで亀を飼っている方を見かけます。

上の子の通っていた幼稚園でもそうでしたし、私が子供の頃もベビーバスで亀を飼っていました。

他にはそのくらいしか使い道のないベビーバスですが、今は空気を入れて使うもの(エアーベビーバス)が売れ筋のようです。

下の子にはおさがりでいただいたエアーベビーバスを使っていました。

そしてこの使わなくなったエアーベビーバス、今後どうしてくれようか。

亀を飼う以外の使い道を考え中です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク