それぞれの乗り物で出かけよう。キックスクーター、ワイバイク、スケートボード

スポンサーリンク

最近のお散歩・外遊びのお供。子どもたちはキックスクーターとワイバイク(Yバイク)。自分はスケートボード(46歳、初心者)。

Kick bike 1

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

買い与えてみたキックスクーター

長男(9歳)、外で遊ぶよりもゲームやYouTubeが大好き。

将来は、YouTuberになりたいという典型的なインドア派(あと将来高校生になりたいと言っていました)

外に連れ出しても、公園のベンチでマンガ読んでたり。

そんな長男に運動させようと、「キックスクーター買ってあげようか?」と聞くも「いらない」というつれない返事。

もう、考えるのはやめた!(『仮面ライダードライブ』より)

長男の意見は無視し、買いました。キックスクーター。色はパープル。

Kick bike 3

 

結果大ハマリ!

公園の外周を何周も回るほどの大ハマリをしてくれました。

本当によかった。

キックスクーターの幅とほとんどサイズが変わらないガリガリの長男が、楽しそうに颯爽と(ちょっと不器用だけど)地面を蹴っている姿は、僕を本当に安心させてくれます。

 

おさがりをいただいたワイバイク

ワイバイク、おさがりをいただいて、長男から次男(3歳)へと引き継がれています。

ただ、残念なことにワイバイクはもう取り扱いがほとんどないようです。(少なくとも日本では)

Kick bike 2

YBIKE ワイバイク - ラングスジャパン

安定感があるので、ストライダーにステップアップするまでの期間にオススメです。

ストライダーに興味を示さなかった長男は、ワイバイクから自転車にステップアップしたので、必ずしもストライダーを通る必要もないくらい。

いずれにせよ、ワイバイクやストライダーのような地面蹴る系の二輪車の経験は、その後の自転車に活きます。自転車への以降のスムーズさは、補助輪の出番がないほどです。

スポンサーリンク


 

40代からのスケートボード

キックスクーターやワイバイクに乗っている子どもたちが楽しそうなので、僕もスケートボードをかかえてみんなと散歩に出かけています。

思えば2年前に手に入れたスケートボードでしたが、買ってすぐ、練習中に膝を軽く骨折。

その後はほとんど練習できずにいました。

 

でも、この2〜3日のお出かけで、かろうじて乗れる程度にはなってきました。

引き続き練習します。

超初心者にとって大事なこと

40代スケートボード超初心者にとって大事なことは、何と言っても「練習場所」だと感じています。

ではどんな場所が適してるか。

それは、平らな場所。

コンクリートとか平らなのでとてもやりやすいし、アスファルト舗装でも粒が荒い場所はやりにくいです。

「プッシュ」っていうスケートボードを漕ぐ基本中の基本の動作を習得するには、ボコボコしたタフなアスファルト舗装では正直怖いです。(なんせ一度ケガしてますので。。)

なぜケガをしたのか

なぜケガをしたのか?

それもわかっています。これは中高年ならではの理由だと感じています。

それは、「転ばなかったから」です。なぜ転ばなかったのか?それは恥ずかしいから。

派手に転んで受け身を取っていれば、おそらくケガはしなかったはず。

転ばないようにと足をピーンと突っ張って、食いしばったために膝をやってしまいました。

服の汚れや破損を気にせず、人に見られてたらなんて余計なことは考えず、プロフットボーラーのごとく、派手に転がり、身体へのダメージを最小限にすべきでした。

 

ひとっ走り、付き合えよ!(『仮面ライダードライブ』より)

チャオ!

 


 

【編集後記 〜税理士・前川秀和のつぶやき〜 】

昨日は祝日につきオフ。

いつものことですが、公園からなかなか帰りたがらない次男でした。

 

【1日1新】

初めての公園(お隣の杉並区)

 

【長男と次男 〜9歳(2ヶ月)児と3歳(3ヶ月)児のマイブーム〜 】

長男:マリオメーカー2のオンラインバトル

次男:かき氷(しかもブルーハワイ)を食べたい(しかもお店で)と言い出して困った。。YouTubeで見たものと思われる。