マラソン初心者は早めにプライベートレッスンを受けよう

先日、ランニングのプライベートレッスンを受けてきました。

3月開催予定のマラソンにエントリーしたため、その備えです。

Asics ny

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

早めに基礎をプロから学ぶ

42.195km

気合と根性だけでは到底乗り切ることのできない距離です。

わりと楽観主義者の私でもそう感じていました。

自己流で走り出したはいいものの、スネがパンパンに張ってしまうなどの悩みがありました。

早い段階でプロから教わったほうが安心できると思い、こちらのプライベートレッスンを申し込んでみました。

初心者ランナーにおそらくありがちな問題点3つ

マンツーマンのプライベートレッスン当日、次の3つのご指摘を受けました。

  1. 腰の位置が下がっている
  2. つま先・膝がまっすぐ前を向いていない
  3. 上半身の姿勢がいまひとつ

腰の位置が下がっている

この問題の改善策としては、「サンドイッチ」という方法を伝授していただきました。

  1. 両足を揃えてまっすぐ立ち、
  2. おへその下のあたりと腰にそれぞれ手を添え、
  3. 腹式呼吸で深呼吸します

息を吐ききった状態になると、グッと下腹あたりが引き締まっていることを感じることができます。

この状態で走ることにより、腰が上がっている状態をキープできるというわけです。

スポンサーリンク

慣れるまではこの状態でウォーキングするのも、有効なトレーニングとのことでした。

つま先・ひざがまっすぐ前を向いていない

これはガニ股・O脚な私特有のものかも知れませんが、つま先とひざが進行方向にまっすぐ向いていなかったようです。

まっすぐになるよう意識するようにしました。

上半身の姿勢がいまひとつ

両腕をまっすぐ伸ばして、脇から下ろす。

この姿勢で胸を張って走るよう、アドバイスをいただきました。

スピードアップ!

この3つの点を意識すると、自然と走るペースも上がり、軽やかさも増した気がしました。

その他もろもろ走る際の注意点

その他、いくつかご指導いただいた点を列挙してみます。

  • 呼吸は鼻から吸って、口から吐く
  • 手は腰のあたりに
  • 手は薬指と小指を握り、他は自然な感じで(ギュッと全部握っていると身体に余計な力が入ってしまうため)
  • 走るとスネが張るのは、初心者だからかも(走りはじめの段階はそうなる人が多いそう)

【HMJのつぶやき】

次男(11ヶ月)がRSにかかってしまいました。

39度以上の熱のためか、ずーっとべそをかいており、妻が付きっきりです。

RSによる熱などの症状は7日間ほど続くらしく、これからがピークだと病院で言われ驚きました。

今がピークだと信じたい・・・

【1日1新】

UNIQLOのスポーツタイツ

長男と2人でくら寿司

スポンサーリンク

スポンサーリンク