法人税

スポンサーリンク
税金

新型コロナウィルス関連の優遇措置があるかも?とりあえず調べてみるクセをつけよう

各方面に多大な影響を及ぼした新型コロナウィルス、まだまだ社会的・経済的な影響は続くでしょう。 税金関連でも様々な特例措置があるので、「期限過ぎちゃったけど、特例とかないかな?」とか「こんなことって許されないかな?」など、疑問を常に持ち、調...
節税

節税、その前に。節税するために必要な前提条件とは

税金憎し・・・でも、その前に。 (↑家内安全、商売繁盛・・・) 節税とは? 節税(せつぜい)とは、合法的に支払う税金の額を少なくすることをいいます。 今回は、法人税や所得税などの利益に課される税金を前提に話を続けます。 節...
経理

減価償却をざっくり解説。2007年からの定額法と定率法

減価償却には、定額法と定率法があります。 2つの方法の違いや、どういった資産の場合にはどちらの方法を採用するのか等について、ざっくり簡単に解説します。 (耐用年数、自動車は6年、軽自動車は4年です) 2...
税金

平成31年度税制改正大綱をわかりやすく簡単に解説

昨年末(12/14)、平成31年度税制改正大綱が発表されました。 (『税制改正大綱』、「ぜいせい・かいせい・たいこう」と読みます。) 平成31年度以降の税金はどうなっていくのか? 去年に引き続き、「平成31年度税制改正大綱...
経理

「レシート」や「宛名が上様の領収書」でも経費で落とせるのか

領収書に宛名が書いていないと経費で落とせないのでしょうか? レシートではダメなのでしょうか? 「レシート」や「上様の領収書」で経費計上できる? 結論からいうと、レシートでもウエサマ領収書でも経費で落とすことは可能です。 ...
税金

気をつけよう、税金の罰金

税金の支払いが遅れたり、税金の申告で悪質な不正がみつかったりすると、罰金が課されます。 「税金こそが我々国民に課された罰金である」という話ではありません。 税金の罰金 税金の罰金には、次のようなものがありま...
税金

税務調査を乗り切るために必要なこと

税務調査を乗り切るために必要なこと、それは心の準備です。 どのようにして始まり、そして終わるのか。 その流れをざっとつかんでいれば、不安感もかなりやわらぐはずです。 税務調査はこうして始まる 税務署からの1本の電話か...
税金

法人の交際費は経費で落ちないこともある

交際費、接待交際費、交際接待費、いろんな呼び方がありますが、どの呼び方でもOKです。 接待した際の飲食代や手みやげ代などは、もちろん会社運営にあたって必要不可欠な費用です。 しかし、法人税の計算をする場合、その全額が経費で落ちる...
節税

ドーン!と経費をつくって節税できる「短期前払費用」の注意点【法人の節税】

例えば、来期1年分の家賃を今期中に支払い、「今期+来期」で2年分の家賃を経費で落とすことができます。 この来期1年分の家賃の前払いを、「短期前払費用」といいます。(読み方:たんきまえばらいひよう) ただし、この前払いについては注...
税金

法人化する前に知っておきたい会社の税金

会社を設立すると、「税金」というものと、これまで以上に向き合っていかなければなりません。 法人税 消費税 法人事業税 法人住民税 固定資産税 その他(法人事業所税、自動車税、印紙税など) ざっと...
税金

損金(そんきん)とは?

「損金」、読み方は「そんきん」です。 会社の節税の話しになると、「損金算入(そんきんさんにゅう)」なんて言葉をよく耳にすると思います。 そんきんとは? 「損金」は、法人税の専門用語です。 法人税における経費のことをい...
節税

漏れがないかチェックしよう!法人の節税対策まとめ

「法人の節税」についてのまとめページです。 「今すぐできるもの」と「多少準備を必要とするもの」に分けてピックアップしてみました。 まだ取りかかっていない節税対策はないか、チェックしてみましょう。 今すぐできる節税 今...
節税

リベート、キックバック、売上割戻を未払計上して節税する

リベート、キックバック、売上割戻・・・すべて同じものです。 これらを未払計上し、経費で落とすことが可能です。 リベート、キックバック、売上割戻とは? リベート、キックバック、売上割戻。 説明していく都合上、以下、「売...
節税

決算月に賞与を。決算賞与、法人の節税。

決算月に従業員に対して出すボーナスを「決算賞与」といいます。 通常のボーナスは、実際に支給しなければ経費で落とすことはできません。 しかし、この決算賞与については、なんと、未払いでも経費計上がOKとなります。 ボーナスを出...
スポンサーリンク